折込チラシで美容室に45人の新規客を集めた方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きっと、あなたも折込チラシを使って新規のお客さんを集客したことがあると思います。ですが、広告費をかけた割に、集客できない。単価の安いお客さんしか集客することができない。と、折込チラシを使った集客をあきらめているのではないでしょか?

事実、折込チラシで集客できる美容室は1ヶ月に40人も50人も集客できています。しかし、集客できない美容室は、2、3人集客出来ればいい方で、広告費をペイすることもできません。

なぜか?

それは、美容室の大きさ、経営年数などは一切関係ありません。集客できるか、できないのかは、折込チラシの内容に問題があります。

そこで、今回は折込チラシの折込チラシで集客できない理由や集客できる折込チラシの作り方の具体的なノウハウをご紹介します。是非、参考にしてください。

1.集客できない折込チラシの共通点

1-1.ターゲットを絞っていない折込

ターゲットが絞られていない折込チラシは集客できません。なぜなら、年代や性別によって、美容室に対しての欲求が違うからです。例えば、女性を中心に考えるとしても、20代はデザイン、40代は髪質改善、60代は白髪や育毛などに悩みがあります。

この全年代の人にターゲットにして折込チラシを作ってしまうと、結局何がいいたいのかわからない折込チラシになってしまいます。結果、ターゲットを広くして多く集客しようと考えているにもかかわらず、誰にも響かない折込チラシが出来上がってしまいます。

1-2.写真を使っていない

美容室の折込チラシを見ていると、意味のない写真を多く掲載している折込チラシをよく目にします。写真は広告において重要な要素の1つです。ですが、意味のない写真をいくら使っても集客できるチラシにはなりません。では、意味のある写真とはどんな写真でしょうか?

例えば、モデルが一面に出ている写真とあなたのお店で綺麗になった写真のどちらがお客さんにとって有益な写真になりますか?おそらく一目瞭然でしょう。お客さんはモデルの写真を見てもあなたの美容室の良さは何もわかりません。それよりも、あなたのお客さんの写真を掲載して、あなたの美容室の有用性をアピールしましょう。

1-3.魅力的な特典をつけていない

お客さんが新しい美容室に行くのはとても勇気が必要です。なぜなら、あなたのスタッフの技術も、接客方法も、お店の雰囲気も全く情報がないからです。

そんな状態で折込チラシでお店のコンセプトやサービス内容を見て、興味を持ってもらい、最後の一押しで魅力的な特典で集客をすることになります。ですが、この最後の一押しが弱いことが原因で思うように集客ができていません。

新規集客の割引は、まだ来店されたことのないお客さんにまずは試していただくための料金になります。それなのに、10%OFFや20%OFFでは、集客効果も低くなります。

1-4.提案サービスを絞る

お客さんは素人です。つまり、サービスメニューを増やしても、何が自分に合っているのか?どの薬剤を使用したほうが自分の欲求を満たせるのか?は判断することができません。

つまり、折込チラシでサービスメニューを増やすこと自体がお客さんを迷わせる結果になり、新規集客の妨げになってしまいます。例えば、あなたが車を買うときに、車体の色、タイヤ、カーナビが何種類も折込チラシに書いてあっても、何が自分に合っているのかは判断できませんよね?

1-5.特典の締め切りがない

広告に締め切りがないのは致命的です。よく美容室の折込チラシを依頼された時に、締め切りは必要なの?3ヶ月くらい猶予持たせて。と言われることがあります。ですが、折込チラシに締め切りがない、もしくは、1ヶ月以上の折込チラシを出しても全く意味がありません。

もちろん、締め切りを延ばせば、集客できると考えられるのもわかりますが、実は伸ばすことで集客力を下げる結果になってしまいます。理由は簡単です。締め切りが長くなってしまうと、緊急性がなくなり、電話予約を後回しにしてしまうからです。

あなた自身も、広告を見て、後から電話をしようと横に引き出しにしまったはいいけど、そのまま忘れてしまって、結局ゴミ箱に捨ててしまった。なんてことはありませんか?

では、実際45人も新規のお客さんを集めた折込チラシはどんなものなんでしょうか?これから詳しく説明いたします。

2.日本美容室出版の集客できる折込チラシの作り方

ここからは実際に折込チラシで新規客45人を集客した時の作成ポイントをお話ししていきます。

2-1.ターゲットを30代40代の女性に絞る

私の折込チラシは30代40代の女性にターゲットを絞っています。このターゲットに決めている理由は単純に顧客単価が高く、リピート率が高いからです。30代40代の女性は髪質に悩みをもっています。つまり、トリートメントをされる可能性が高くなり、顧客単価が高くなる傾向にあります。

さらに、30代40代の女性は若い年代よりもリピート率が高くなります。つまり、顧客単価が高く、リピート率の高いお客さんを集客することが可能になります。

2-2.写真を大量に使用する

先ほど写真の話をしました。私の折込チラシでは、お客さんの写真を10枚以上は掲載しています。さらに、掲載している写真は下記の点を注意しています。

・髪の艶が分かるように、後ろからの写真であること

・ターゲット層と同じ年代の写真であること

・わざとらしい写真にしないこと

必ず上記の条件に当てはまる写真だけを抽出して、掲載をしています。

2-3.すぐに予約をしたくなる魅力的な特典をつける

折込チラシを最初に出すときは必ず半額クーポンをオススメしています。先ほど話しをしたように割引は、新規のお客さんの背中を押す最後の一手になります。この割引が低いと、なんの魅力もない折込チラシになってしまいます。

そこで、魅力的な折込チラシにするには、「半額」のクーポンをつけるべきです。ちなみに、80%OFFよりも半額のほうが集客力が強くなる傾向にあります。この理由は恐らく、80%OFFだと、「騙されそう」「質が悪そう」など、マイナスイメージが先行してしまようです。。。

2-4.提案サービスは5つまで

私に折込チラシは、たった5つのメニューしか掲載していません。理由は先ほどお伝えしたように、お客さんを少しの迷いも持って欲しくないからです。5つの掲載メニューは下記のとおりです。

・カット

・トリートメント

・カット+トリートメント+カラー

・カット+トリートメント+パーマ

・カット+トリートメント+ストレート縮毛矯正

以上の5つのみ掲載しています。どうですか?この5つならお客さんは自分の求めているサービスはすぐに目につきやすく、迷わずにあなたの美容室に予約をすることができます。

2-5.締め切りはたった1ヶ月

折込チラシは必ず1ヶ月でクーポンの締め切りにします。さらに詳しくお話ししますと、4週間後の日曜日が締め切りになります。例えば、2015年4月3日(金)に折込チラシを出すと、4週間後の5月3日(日)が締め切りになります。

絶対にこの期間以上にすることはありません。

まとめ

以上が実際に私の折込チラシを出すときに気をつけている点です。折込チラシを作るときに上記の点を注意するだけで、今までとは違ったお客さんが集客できるようになるでしょう。それでは、最後にもう1度おさらいをしておきましょう。

?ターゲットは30代40代に絞りましょう
ターゲット層を絞ることで、ターゲットが求めている提案をすることができます。

?写真を多く使う
この写真はモデルさんでは意味がありません。あなたのお客さんにお願いして撮影をさせてもらいましょう。

?すぐに予約をしたくなる魅力的な特典をつける
もし、本当に集客に困っているのなら、「半額」クーポンをつけて集客しましょう。

?提案サービスは5つまで
お客さんに少しでも疑問を持たれないように、最小限のサービスメニューにしましょう。

?締め切りは1ヶ月
締め切りを延ばすことに意味がありません。逆に集客できなくなる危険があります。

あなたが折込チラシを使って集客をするときは、必ず上記の点を注意して作成してみてください。