4ヶ月来店がないと失客だと思っていませんか?【美容室経営相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの美容室では、お客様にどの位の頻度で来店を勧めていますか?だいたい1.5ヶ月〜2ヶ月くらいではないでしょうか。しかし、平均来店周期は約3ヶ月という統計が出ています。ですので、1ヶ月でリピートする人もいれば、4ヶ月でリピートする人もいるのです。まだ失客だとあきらめずにサンキューレターでアプローチしてみませんか?

今回の動画では、3〜4ヶ月以降のサンキューレターをご紹介しています。4ヶ月来店がないと失客だと思っていたあなたにも、まだお客様がリピートするチャンスがあります。この動画を見終わった後には、出不精のお客様もまた来店したくなるサンキューレターを書くことができるようになるでしょう。

4ヶ月来店がないと失客だと思っていませんか?

今回はこんな話をしています。

・このタイミングでやっと割引を入れます。

来店から3ヶ月後からやっと割引の入ったサンキューレターを作成します。30%引くらいが良いでしょう。平均来店周期が約3ヶ月と言えども、お客様は美容師さんから「1.5〜2ヶ月を目安にまたいらして下さいね」と勧められたにも関わらず、それが守れていないことに多少の負い目を感じています。すると、新しいお店に行く負担とそんなに変わらない位の心理になってきます。ですので、その後押しをするためにも、再来店の理由をつけるためにも、割引が必要になってきます。

・え?割引を入れるの?と思ったあなたへ

割引と言っても、カットだけを割引する訳ではありません。セットメニューの割引にするのです。すると、自然と単価が守られてきますし、セットメニューをはじめからする素敵なお客様が戻ってきます。

・4ヶ月目以降は「イベント」にする理由

4ヶ月目のサンキューレターの最後の砦は、30%〜40%の割引にしましょう。日数が経つとどんどん割引されるだろうとお客様に思われないためにも、「イベント」を開催してしまうと良いでしょう。「リニューアル記念」でも「新メニュー導入」でも何でも良いのです。何よりも、お客様に再来店していただく、動機付けがポイントになってきます。

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版