99%の美容室が間違えている折込チラシで集客できない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、折込チラシでの新規集客の方法の実例をご紹介しました。ここからは、1つ1つのフレーズをもっと詳しく説明していきたいと思います。

あなたは折込チラシを使って新規集客をするときに、写真を使っていますか?そして、どんな写真を使っていますか?実は、あなたが折込チラシで集客できない理由は、もしかしたら、写真の使い方かもしれません。

そこで、今回はあなたの美容室の折込チラシを見て、思わず予約の電話をしたくなる、写真の使い方をご紹介します。実際、1ヶ月以内に45人の新規客を集客した折込チラシで使用している撮影方法なので、参考にしてみてください。

1.モデルの写真を使うと集客できない

1-1なぜ、モデルを使うと集客できないのか?

そもそもの話ですが、お客さんはモデルになりたいと思っているのでしょうか?お客さんは折込チラシを見て、「こうなりたい」という欲求を満たすために、あなたのお店に来店されます。つまり、「この折込チラシの人みたいになりたい」と考えて来店されるんです。

そこでもう1度考えてみましょう。ここで、折込チラシの写真にモデルを使用して、果たしてお客さんは「こうなりたい」と考えるでしょうか?おそらく、モデルだからこんなに綺麗なんだ。モデルだから綺麗で当然だ。と考えられてしまうのではないでしょうか?

1-2.あなたのお客さんに依頼しましょう

では、どんな人の写真がまだ来店されたことのないお客さんを惹きつけるのでしょうか?それはもちろん、あなたの美容室に既に来店されているお客さんの写真です。あなたの美容室に通って、トリートメントをされており、髪質が綺麗なお客さんに写真を撮影させてもらいましょう。

新規のお客さんから見ると、モデルよりも自分に近い存在のため、「普通のお客さんでもこの美容室に行ったら。自分もこうなるんだ」「この美容室なら、私も綺麗な髪になれそう」と思ってもらえます。その欲求があなたの美容室に行く動機になります。

1-3.お客さんの写真を折込チラシに掲載する3つのメリット

モデルの写真を使うのではなく。あなたの美容室に来店されているお客さんの写真を使うことのメリットをご紹介します。

メリット1:信憑性が高い

お客さんの写真を使っているので、信憑性が高いです。あなたの美容室のサービスを利用した結果の証拠になります。この証拠がモデルでは、信憑性が低く、来店されたことのないお客さんには、信じてもらえません。

メリット2:脳内購入をしてもらえる

そして、信憑性が高いということは、その写真を元に、「自分がこのサービスを受けたら、どうなるのか?」という想像をすると思います。あなた自身も車や時計の購入の時に想像しますよね?それと同じように、1度自分の頭の中でサービスを受けた自分を想像してもらえます。この想像をしてもらうことで、あなたのお店での期待感は高まり、直ぐにでも電話をしたくなるでしょう。

メリット3:自分もこうなりたい

あなたのサービスを受けていることを想像してもらうことで、「自分もこうなりたい」と欲求が高まります。ここまで来たらもうあなたのお店に予約を取りたくて仕方なくなるでしょう。

以上のように、折込チラシの写真にあなたの美容室に来店されているお客さんを掲載することで、モデルの写真を使うよりも効果的に集客することができます。

2.携帯電話のカメラで十分集客できる

2-1.スタジオで撮影をするデメリット

美容室の広告でよくある間違いですが、広告の写真を撮るときに、スタジオなどは必要ありません。逆にスタジオで撮影した写真を使用すると集客できない要因にもなります。なぜ、スタジオで綺麗な写真を撮影すると集客できないのでしょうか?その理由をご紹介します。

デメリット1:嘘くさい

撮影スタジオで撮影をすると、綺麗に写真を撮影できます。ですが、綺麗に写真を撮影できてしまうことが、逆に嘘くさく感じてしまいます。そのため、、、

デメリット2:信用できない

どれだけ、髪質改善できたお客さんを撮影しても、嘘くさく感じられてしまうために、信用されなくなります。

結果、せっかくお客さんにお願いして撮影をさせてもらっても、スタジオで撮影をすることで、集客の足かせになってしまいます。

2-2.集客できる写真の撮り方

それでは、集客できる撮影方法を7つのステップでご紹介します。とても簡単なのですぐに実践できますよ。。。

ステップ1:お客さんにご提案

お客さんに広告用の写真の撮影を依頼しましょう。

ステップ2:お客さんに施述

いつも通りにお客さんに施述させてもらいましょう。

ステップ3:携帯電話を用意

あなたの携帯電話を用意しましょう。最近のスマホならどの機種でも大丈夫ですよ。

ステップ4:光の調整

光の調整をしましょう。ここで重要なのは、変にこだわりを入れて、専用の機材を使用しないことです。変に光を当てて目立たせようという考えはNGです。

ステップ5:撮影

撮影をさせてもらいましょう。撮影時はいろんな角度から撮影をさせてもらいましょう

ステップ6:お客さんに確認をしてもらう

撮影した写真はお客さんに確認をしてもらいましょう。広告に掲載するので、撮影した写真を見てもらうことは重要です。できれば、掲載予定の写真もここで決めて、お客さんに見せることができれば、なお安心してもらえます。

ステップ7:広告に掲載

撮影できた写真を広告に掲載しましょう。

以上が7ステップになります。どうですか?特別費用もかからず、簡単に撮影ができると思います。たったこれだけなのに、集客できる写真は簡単に撮影できます。ですが、注意してください。最後にどうしても守って欲しいことがあります。それは、、、

 

3.正面写真ではなくバック写真を使用する

ということです。なぜ、正面写真ではなく、バック写真を使ったほうが集客できるのでしょうか?その理由をご紹介します。

3-1.なぜ、正面写真は集客できないのか?

お客さんはデザインではなく、髪質改善をしたくて来店されます。つまり、正面写真はデザインを強調することはできますが、髪質改善の効果は正面よりも、バック写真の方が強調することができます。

これは簡単にイメージできるのではないでしょうか?髪質改善のお客さんをターゲットにした場合は、正面よりもバックの方がより、集客しやすい写真になります。

3-2.バック写真が集客できる3つの理由

では、バック写真を使うメリットも合わせてご紹介します。

メリット1:イメージしやすい

お客さんが写真を見たとき、バック写真だと顔が見えない分、自分に当てはめやすい。

メリット2:髪質改善のお客さんの欲求にあっている

デザイン要素は全く入っていないので、髪質改善を求めているお客さんを中心に惹きつけることができます。

メリット3:写真を撮らせてもらいやすい

もしかしたら、これが一番重要かもしれません。お客さんの撮影の許可をもらいやすいんです。顔が出ないので、お客さんも安心して、広告用の写真を撮らせてもらえます。

4.まとめ

いかがでしたか?なぜ、折込チラシで写真が必要なのか?そして、どんな写真が集客できるのか?はおわかりいただけたと思います。そして、その写真の撮影も簡単にできます。そこで、今回の記事のおさらいをしましょう。

・モデルを使わずにお客さんを使うこと
・正面写真ではなくバック写真を使うこと
・スタジオを使わずに手軽に撮影をすること

これらを守って撮影をするだけで、あなたの折込チラシはぐっと魅力的な広告になるでしょう。ぜひ、試してみてください。