釣った魚をみすみす他店にあげていませんか?【美容室経営相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの美容室では、初回来店してくださったお客様にどれだけのフォローができていますか?常連のお客様はDMを出したりして大切にするけど、そんな1回来ただけの方にDMなんて出している暇がないというのが本音ではありませんか?新規客を取り続けていれば良いとお思いではないですか?でも考えてみて下さい。初回割引やトリートメント無料券などの「高いエサ」をつけて釣ったのに、それをフォローもせずに放出して他店に渡してしまうのですか?

今回の動画では、「無料トリートメントチケット」を使って何回も店に足を運んでくれた方に、どうしたらまた来店してもらえるかをご紹介しています。少し料金を上げたサービスだけどお得なメニューを紹介するのも手です。また客単価の平均が15000円の田中さんの美容室では、翌日にスタイリストとオーナーから2通も割引を入れないDMを出しています。あなたの美容室ではここまでフォローできていますか?

釣った魚をみすみす他店にあげていませんか?

今回はこんな話をしています。

・髪にモチベーションの低い方も集客したい

あるオーナーさんが、「1ヶ月無料トリートメントのチケットで来店された方に、また普通に来店してもらう方法はありませんか」と質問しています。また、来店スパンの長い方や髪のモチベーションが低くてもこのチケットを使用してくれた方にも尚更なんとかしたいというものでした。実はチケットを使用して下さったお客様はモチベーションが低い訳ではないのです。

・これでもかという位サンキューレターを出す

先にも、客単価の平均が15000円の田中さんの美容室では、翌日にスタイリストとオーナーから2通も割引を入れないDMを出していると述べました。このDMでは、「施術内容」と「お手入れの方法」しか記載していません。また必ず翌日に出すということも重要です。

・他の案をこちらから先に提案する

次回予約を取る時に、お客様がご希望の日程が埋まってしまっていた時は「その日は予約でいっぱいです」で終わってはいけません。必ず他の空いている日を提案するようにしましょう。お客様が第2希望を言ってそこも埋まっているなんてことがないようにしましょう。

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版