美容室の売上を簡単にアップする集客方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは既存客をライバル店に奪われてしまった場合は、どうしていますか?新しく別の新規客を集客しますか?それとも、何もしないで、「仕方ない」と諦めてしまいますか?

美容室を長く経営していると、お客さんが失客してしまうのは仕方がありません。失客してしまう理由は様々ですが、あなたの能力などではどうしようもないこともあります。ですが、この失客してしまったお客さん。。。もう2度と来店されないと思っていませんか?

今日は2度と戻ってこないと思っていた失客100人のうち、23人が再来店した方法を紹介します。簡単な方法なので、この記事を見終わったら。きっと明日にも実践したくなりますよ。

1.なぜお客さんはいなくなるのか?

その具体的な方法を紹介する前に一緒に考えたいことがあります。それは、「なぜ、お客さんは来店しなくなるのか?」ということです。つまり、失客になる原因です。この原因を知ることができれば、あなたはもっと楽に仕事ができますし、今回の集客方法もすぐにやりたくなるでしょう。

1-?美容室の失客の原因はスタッフが原因?

よくある勘違いの1つがスタッフのせいで、他店に流れてしまった。と、考えることです。そして、スタッフの教育に熱が入ってしまい、スタッフとオーナーの間に亀裂が生じて内部崩壊してしまいます。

これは、よく聞く話です。先日お会いした元美容師の方に話を聞いたら、店長の指導が厳しくて辞めたそうです。毎日のように数字を出されて、同僚とも売り上げを比べられてしまい、逃げられない。

常にオーナーの目線を気にしながら仕事をしなくてはいけない状況だったそうです。ちなみに、その店舗は今はもうないそうです。。。失客の原因がスタッフだと考えてしまうと、倒産というゴールに進んてしまっているかもしれません。。。

1-?美容室で失客が起こる最大の原因

それは、「なんとなく」ライバル店に行っています。確かに広告を見たり、友人からの口コミでライバル店に奪われている可能性もあります。ですが、そのような明確な理由をもって失客になっているお客さんよりも、「なんとなく」ライバル店に行ってしまうお客さんの方が圧倒的に多いんです。

「なんとなく」とは、そろそろ美容室に行きたいけど、別のお店に行こうかな?とか、今のスタッフが気に入らないわけじゃないけど、違うお店のカットも試したい。とか、そういう簡単な理由です。

1-?失客の根本的原因は「無視」しているから

では、なぜ「なんとなく」ライバル店に行ってしまうのでしょうか?以前来店されて、帰るときはあんなに満足そうに退店されたのにもかかわず、、、

それは、あなたがお客さんのことを「無視」してしまっていることが原因かもしれません。例えば、現在の平均的な来店周期は3ヶ月です。つまり、サンキューレターやニュースレターなどを発行しない限り、あなたとお客さんのコンタクトは90日で1回です。残りの89日は「無視」していることと同じです。

89日も経過してしまえば、あなたのお店でどんな素晴らしいサービスを受けたか忘れてしまいます。つまり、単純にお客さんは「あなたと過ごした素晴らしい時間」を忘れてしまっているんです。

2.あなたを思い出させてあげましょう

失客してしまう理由は今お伝えしたようにただ単に「あなたを忘れてしまっている」だけです。つまり、あなたの素晴らしさをもう1度思い出させてあげるだけで簡単に失客してしまったお客さんは再来店します。その方法をこれからご紹介します。

2-?広告費をかけずに集客する方法

この方法は広告費がほとんどかかりません。なぜなら、失客にアプローチする方法は1通52円のハガキだからです。完成ハガキを買ってきて、失客してしまったお客さんに送るだけです。

他に電話をかけたり、ニュースレターを送ったりしなくても大丈夫です。たった1通のDMを送るだけで失客を集客することができます。ですが、このDMの内容が気になりますよね?この内容について詳しく書いていきます。

2-?美容室は抽選型DMで集客しましょう

私たちの手元には合計4種類の失客掘り起こしのDMがあります。どれも今までに集客ができた効果実証済みのDMです。この4種類のDMで特に安定して集客できるDMがあります。それが抽選型のDMになります。

DMを送る場合、もちろんですが、「もう1度来店してください」だけでは集客はしにくいでしょう。ですが、例えば、「オープンして◯◯年記念イベント」と称して抽選をして、「1等半額クーポン」が当たったとしたらどうでしょうか?

もし、あなたの手元に届いたらすぐに電話してしまいませんか?

2-?期日を作って緊急性を高める

DMには必ず期日を入れましょう!「このクーポンの期日は◯月◯日まで」などですね。期日をつけないと、DMの反応率は下がります。なぜでしょうか?あなたにもこんな経験ありませんか?

新聞の広告を見ていたあなたは、車のタイヤの広告を発見しました。ちょうどそろそろ変えようと考えていたタイミングだったので、後でもう1度見直して検討しよう。。。でも、結局しばらく見直すことはなく、発見した時は興味がなくなってしまい、ゴミ箱に、、、

これは期日がないことが原因です。タイヤの広告が今日までだったら、おそらく1度広告主に電話して、問い合わせをしていたことでしょう。期日のない広告は簡単にゴミ箱に捨てられてしまいます。必ず期日をつけましょう。

3.まとめ

いかがでしょうか?これが失客に再来店してもらうDMの作り方です。実際私たちのDMはこの通にDMを作っていますし、そのDMで実際に集客ができています。あなたがもし、売り上げに困っており、すぐにでも売り上げをアップしたいと考えているなら、ぜひ「失客の掘り起こし」から始めましょう。