あなたの美容室から優先的に支払ってもらう方法【美容室経営相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの美容室では、お客様にどのような教育をしていますか?市販のシャンプーは髪を傷めるだけなのでいけませんよ、セルフカラーをしてはいけませんよ、などと教育をしていませんか?もちろん、普段の生活に関する教育も必要ですよね。しかし、業界的に美容室で使われる費用が下る一方で、その教育方法ではあなたの美容室で、お客様は優先的にお金を使ってくれるようにはならないでしょう。

この動画では、どのような教育をすればお客様があなたの美容室で優先的に支払ってくれるかをご紹介しています。この動画を見終わった後には、お客様に大切なメッセージを伝え、お客様に惜しみなくあなたの美容室にお金を落としてもらえるようになるでしょう。

あなたの美容室から優先的に支払ってもらう方法

今回はこんな話をしています。

・ニュースレターを活用する方法

お客様が来店した時に、いくら口で「市販のシャンプーは髪を傷めるだけなのでいけませんよ、セルフカラーをしてはいけませんよ」と伝えても家に帰れば忘れてしまいます。しかし、ニュースレターが家に届き美容室でトリートメントをした方がいいと書いてあれば、お客様はそういうものかと次第に思うようになります。

・美容室はイメージ広告が少ない

化粧品や装飾品のTVCMは世の中では、たくさんあふれていますよね。そして、それを見た人々は無意識のうちにそれにお金を使ってしまうのです。すると、必然的にあなたの美容室で使う費用は少なくなってしまいます。一体どうすれば良いのでしょう。

・強烈なメッセージを伝える理由

客単価が1万円後半に行くためには、お客様に一貫して言い続けているメッセージがあります。それを接客時に伝え、サンキューレターやニュースレターで接触や教育をし、繰り返しお客様に覚えてもらうのです。さて、どのようなメッセージを伝え続けるのでしょうか。

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版