美容室の新規客の96%がリピートした方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室の経営において、新規客がどれだけリピートしていただけるか。これはとても気になるところですよね?もちろん、あなたも新規のお客さんのリピート率をアップするのに色々研究されていると思います。

 

今までオーナーさんにお話を伺っているとこと、次回予約を徹底する。次回予約をその場でした場合は、10%割引。サンキューレター。店販商品のプレゼントなど色々聞くことができました。

ですが、皆さん思うようにリピートに繋がらなくて、困っていました。。。

もしかしたら、あなたも色々施策は練っているけれども、リピートに繋がらずに困っているかもしれませんね。。。そこで、今回は、新人スタイリストが新規客の96%をリピート客にできたサンキューレターの書き方をご紹介します。

 

元工場勤務の新人スタイリストが新規客の96%をリピート客にできたサンキューレターの秘密

 

秘密1:サンキューレターのよくある間違い

 

1-?間違ったサンキューレターの共通点

 

美容室のオーナーさんにお話を伺うと、意外とサンキューレターを出している店舗が多いことがわかりました。毎回施述した時の話を覚えておき、どんな映画が好きなのか?そして、どんな服が好きなのか?どんな、会話をしたのか?をきちんと覚えておき、それをサンキューレターに書いています。

 

ある美容室では、オーナーさんもスタッフに厳しく指導して、毎日必ずサンキューレターは出していて、お客さんとの会話をちゃんとサンキューレターに入れているから、かなりパーソナルな手紙になっていますよ!

 

と、話をしてくれました。で、問題のリピート率ですが、これが低くて悩んでいたんですね。リピート率が低いので、もっと厳しい口調になってしまい。スタッフも萎縮して、いいサービスができなくなる。。。かなりの悪循環ですね。ですが、これがリピート率の低いサンキューレターの共通点です。

 

1-?お客さんは友達になりたいのか?

 

そもそもお客さんはなんの為に来店されているのでしょうか?スタッフと友達になりにきているのでしょうか?違いますよね?お客さんは、綺麗になりに来ています。。。

 

それなのに、プライベートの話をサンキューレターに入れても、意味がありません。もう今の時代では親近感だけでリピートなんてしてもらえません。お客さんがリピートしてくれる最大の理油は、「自分の髪を任せられる髪のプロ」がいる美容室にリピートをするんです。

 

秘密2:お客さんから信頼されるサンキューレターの書き方

 

2-?プライベートトークはなし

 

では、髪のプロとしてのサンキューレターはどんな内容でしょうか?私たちが実際に出しているサンキューレターには一切プライベートな内容は含まれていません。もし、書くとしても最後に付け足し程度に入れるくらいです。

 

なぜなら、先ほども書きましたが、お客さんは友達を作りに来店されているわけではありません。事実、スタイリストのプライベートトークを嫌がるお客さんの声は非常に多くあります。そして、そんなプライベートトークをサンキューレターに入れても、リピートにはつながりません。

 

2-?髪のアドバイス

 

プライベートトークを一切しない代わりに、髪のアドバイスをするようにしましょう。例えば、今日のセット方法を自宅でもする方法。ケアの方法などですね。特に、施述中にお客さんが困っていることは、その回答をサンキューレターに入れることで、一気に信頼を得ることができます。

 

では、実際にサンキューレターの構成をご紹介します。

 

秘密3:リピート率がアップするサンキューレターの書き方

 

3-?今日はありがとうございました。

 

サンキューレターですからね。まずはお礼を言いましょう。お礼の内容は特に雛形はありませんが、1行2行くらいで十分です。それよりも、他の内容を重視することが重要です。

 

3-?今日の施述内容の説明

 

お客さんに施述した内容を改めて書くようにしましょう。カットはなぜ。このデザインにしたのか?どんな薬剤をしようしたのか?1つ1つに意味があるはずです。この説明を1つ1つしていきましょう。

 

3-?自宅のケア方法

 

最後に自宅でのケア方法を書きましょう。カウンセリングの時に悩んでいた髪の問題をどうやって解決したらいいのか?他にも自宅でのセット方法などを書いてあげましょう。お客さんは帰ってからの自宅でのケア方法が一番悩んでいます。

 

いくらあなたの美容室で綺麗にしてもらっても、どんどん劣化してく自分の髪に悩みをもっています。その劣化を食い止めるような方法を説明してあげましょう。

 

まとめ

 

以上が元工場勤務の新人スタイリストが出していたサンキューレターになります。もう1度サンキューレターを書くときの構成は下記の通りです。

 

1:お礼

まずは、きとんとお礼を言いましょう。

 

2:施述内容の確認

お客さんに本日の施述内容を説明しましょう

 

3:自宅のケア方法

自宅でできるケア方法やセット方法を説明しましょう

 

上記のサンキューレターを出せるようになれば、リピート率は変わってくるでしょう。そして、スタッフも毎回どんな内容を書けばいいかわからない。。。という悩みを解消できます。もうパターンが決まっていますからね。。。

 

髪のプロとしての立場を構築して、お客さんから信頼されるサンキューレターを出して、新規客のリピート率をアップしましょう。