新規客を集める5つの作戦 その2【美容室集客相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの美容室では、お客様の評価や口コミを気にしたことはありますか?また、そのコメントを活用してあなたの美容室に活かせていますか?ネットが発達した現代では、見知らぬお客様同士のコミュニケーションも発達しています。たった1人の悪評が影響することもありますし、たった1人の良評価をきっかけに、人気が広がることもあります。まめな美容室では、お客様の口コミやコメントに対して、1件1件返事をしているところもある程です。

新規集客をあなたの美容室に呼び込む5つの方法

1、友人や家族などの紹介 『新規客を集める5つの作戦 その1』はこちら

2、あなたの美容室のHPやSNSへの口こみ ★今回はココ!

3、DM・ホームページ・チラシなどの販促ツール

4、あなたの美容室と他の業種の価値交換

5、あなたの美容室の前を通りがかる

今回は、2つ目の「あなたの美容室のHPやSNSへの口こみ」がどんなポイントがあるのかを見てみましょう。

今あるネットの媒体を活用する

新しくHPや、facebook、ツイッター、インスタグラムなどのSNSを始める必要はありません。ましてや、何十万もかけてHPを作る必要はありません。なぜなら、そこにお金や時間をかけてもそれに見合った結果が返ってこないからです。しかし、既にもう持っているということであれば上手に活用してみて下さい。「お客様の声」のコーナーを作って、そこにお店でお客様にアンケートを取って許可をいただいたものを自分たちでアップする方法と、「口コミ」のコーナーをつくって自由にお客様に書いてもらうようにする方法と2つあると思います。

前者の方法だと、お客様が遠慮して本音を書いてくれない場合がありますが、当たり障りなく良く書いてくれることの方が多いでしょう。後者は、顔が見えない状態で本音で書いてくれるので、他のお客様が見た時にダイレクトに響くでしょう。また、返信が必要な形式にするとあなたの美容室の良さがアピールできる一方で、手間暇が増えてしまうので、そこはスタッフの様子を見て設置するようにしましょう。

ひと声かけるようにする

早速、口コミコーナーを設置したとします。しかし、あなたの美容室に訪れたいと思っている人が下調べをしている時に、そのコーナーに何も書いていないと、とてもがっかりしてしまいます。「もしかして、人気がないのかもしれない」とすら思うかもしれません。口コミはなるべく多い方が、あなたの美容室の評価がしっかりしてきます。せっかくなので、来てくれたお客様に口コミをお願いするようにしましょう。カラーやパーマの待ち時間に紙でお渡ししても、ネットで記入するためのQRコードをお渡ししても良いでしょう。あくまで強制ではなく、できたらで良いのでといった空気でお願いすると良いでしょう。ただお願いするのに、気が引けるのであれば、ヘアケアのサンプルプレゼントを渡したり、次回使える割引券などをプレゼントしても良いでしょう。(次回割引券は、また来てもらえる作戦にも有効です)

ここでも嬉しびっくり作戦

人は面倒なことに対して、インセンティブ(ご褒美やメリット)がなければなかなか動いてくれないものです。そして、そのインセンティブがなくなった途端にやめてしまうことになりかねません。前回「友人や家族などの紹介」でもご紹介したように、人は驚いたり感動したものは、進んで人に話したくなるものです。これにはインセンティブは必要ありません。しかも、感動したり驚く度に人に話しをしてくれるのです。ということは、人に思わず話したくなるようなサービスを提供するのが1番近道です。お客様から見て、技術の違いはさほどわからないので、施術以外のところで工夫してみましょう。お客様ごとにそのお客様をイメージしたスイーツを用意しても良いかもしれませんし、結婚記念日に「綺麗なあなたでお祝いしてみませんか?」と割引券を送っても良いかもしれません。そこは、あなたの美容室のカラーにあったプラスαのサービスを用意して、実際にやってみてください。

有名店に勝てる作戦の1つ

実は、有名店の口コミはあまり良い評価がついていません。「私はブサイクだからぞんざいに扱われた」「隣に座っていた芸能人の◯◯さんと接客態度が違いすぎる」「みんなが騒ぐほどすごくなかった」など、酷評が続いています。もしあなたの美容室が、テレビや雑誌などで取り上げられていない美容室だったとしても、「口コミNo1」という評価は有名店に勝る評価になります。「この美容室は、すごくお客様を大切にしてくれます」「信じられないくらい、こと細やかなところまで気遣いが施されています」などの評価がたくさんされていると、それを見たお客様はあなたの美容室に行ってみたくなるものです。他人の評価を気にしすぎると疲れてしまいますが、お客様の評価をうまく取り入れることは商売をしていくうえで、とても重要なことです。まず、あなたが大切にしている、あの常連さんの声から聞いてみると良いでしょう。

参考文献:「失敗しない 美容室開業 BOOK」日本実業出版社

 

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版