理念やコンセプトが成功の秘訣【美容室経営相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの美容室では、企業理念やコンセプトを決めていますか?うまく経営したいなら、非常に重要な要素です。理念は、どのような存在価値を目指すかを決めることです。コンセプトは、フェミニンなどのテーマです。もちろん、これ以外にも大切な要素はたくさんありますが、この2つがしっかりしている美容室は成功し、長年生き残っています。成功例を2つご紹介します。

目次 
1、大阪のMASHUさん
2、東京のapishさん
【まとめ】いつ死んでもおかしくない

1、大阪のMASHUさん

大阪市内で10店舗経営しているMASHUさんは、関西の美容学生に大人気です。研修が充実していて、独自の教育方法が数多く存在します。また、“MASHU流似合わせ理論”という、独自の提案をお客様にしています。その他にも、ネイル・フェイシャル・痩身・マツエクなどのメニューも充実しています。

1−1 企業理念

そのMUSHさんの理念は、「MASHUとともに人生を」です。”お客様、社員に自信と輝きを提供し続け、一生のお付き合いが出来る企業を目指します。 ”が掲げられています。その他にも「使命」「教育理念」「営業理念」「技術理念」とこと細やかに、どうあるべきかが決められています。

MASHUさん理念『MASHUとは?』

1−2 成功している理由

・スタッフ全員でどの目標に向かっているのかを共有できているから
・それを実現するために、経営方針や教育が細かく段階に分けられているから
・分かりやすく、着実にステップアップできるから結果が出る、やる気が出るの好循環

2、東京のapishさん

青山、銀座、表参道で経営をしているapishさんは、今年の10月で、18年目に突入します。東京の超激戦区で、多店舗展開をして1店舗も失敗することなく続けてくることができた理由は一体なんでしょうか。

2−1 コンセプト

apishさんのコンセプトは、「キレイでカワイイ」です。これはものすごく抽象的ですが、もう1つとても分かりやすい理念もあります。それは、「髪と地肌を世界一大切にする美容集団」です。何を目指しているか1言に集約されています。

apishさんコンセプト『apishコンセプト』

2−2 成功している理由

オープンして数年、店舗を拡大している頃に、退職者が3分の1に上り、新規のお客様が10分の1になった頃がありました。その当時に、坂巻代表が、スタッフ全員と共有する目標を設定するために理念をつくり、コンセプトをつくりました。それが決まってから、

・社会保障の問題を解決する
・女性でも働きやすい環境を作るために産休や育休を設ける
・美容師の社会的地位向上のために給料の見直し

を改め、実行しました。その他にも「親孝行」という理念もあり、スタッフの家族も大切にしています。業界でも離職率が低く、東京の美容学生や結婚出産をしても働きたい美容室と大人気です。求人に困らない、離職に悩まないという環境は、スタッフにとってもオーナーにとっても最高の環境なのです。

【まとめ】いつ死んでもおかしくない

経営は、航海に例えられることがよくあります。理念やコンセプトを決めずにいるのは、どこへ向かうか決めずに航海をするようなものです。向かうところ(理念)も決まらず、船員(スタッフ)も勝手に動き回るのでは、数々の困難を超えることができません。何かあった時にすぐに沈没していまします。いつ死んでもおかしくない厳しい世界の中で、生き残るためには理念やコンセプトが必ず必要になるでしょう。

 

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

日本美容室出版

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>