腕が良くてもリピートしない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

「腕は良かったんだけどね〜」と言っていてもお客様がリピートしないのには理由があります。
例え腕が良くてもあのサロンには2度と行かないとか、あの人2度と指名しないとかいう瞬間が出てきてしまうものです。
お客様も美容師も人間ですから、相性が合わないことはどうしてもありますよね・・・
技術が良ければリピートしてもらえると思っている美容師さんは多いようですが、
技術が良くてもリピートしてもらえない事実も知っておく必要があるでしょう。

生理的に受け付けない

これは衝撃的な理由なのですが、お客様の受け取り方次第なので仕方がありません。
ある人が話していたのは最初は優しそうな美容師さんだなと思っていたのに、
「僕、女性の◯◯の分野を専門にしてるんですよ」「女性特有の△△のことなら僕に聞いて下さい」
と言われているうちに「何だか気持ち悪い」と思ってしまったそうです。

この美容室内で人気のある美容師さんだったそうで、仕上がりもまあまあ良かったそうなのですが、
彼女は彼をリピートすることはなかったそうです。その次は同じ美容室の女性の美容師さんに変えたそうです。
スポーツジムとかもそうですが、あの異性を配置して引っ張ろうとするのは間違いであるパターンは結構ありますよね。
お客様の印象や性格で、合いそうな美容師の配置をすることも大切ですね。

自慢話を盛り込んでくる

腕の良い美容師さんは、指名が多かったり、口コミの評価が高かったり、上司同僚にすごいすごいと言われていることもあると思います。
すると自信が付いて、鼻高々になってしまい、その態度がお客様にも出てしまうことがあるようです。
逆に自信家だから成功する確率も高く、自分はすごいという態度がお客様にうんざりされてしまうこともあります。

接客中に何かと自慢話を盛り込んできたり、「自分は、自分は」と言ってくるとお客様は疲れきってしまいます。
能ある鷹は爪を隠すということわざがあるように、腕がよくても回りからの評判が、
その美容師の格をあげてくれるので自分では話さないように指導する必要があるかもしれません。

上から目線

どうしても腕が良いとリピーターが耐えないことから、別にあなたが来なくても他のVIPがいるからという態度をとってしまいがちです。
また、人気がある美容師だからこそ見た目が冴えなかったり、ダサい、地味なお客様は相手にしたくないという思いがあるようです。
「やってやっている」という態度はとらないように、あなたが気をつけて見ていないと逆に悪い評判が広がってしまうかもしれません。

上記のようなパターンは腕の良さでのリピーターと失客の比率で比べれば、失客の方が少ないかもしれません。
ですが、1度でも来てくれたお客様を逃してしまうのは非常にもったいのないことであり、
腕のある美容師ならリピートしてもらうに越したことはありません。
スタッフの良さを伸ばし、良くないところを抑えるのも重要なポイントではないでしょうか。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>