名刺より◯◯の方が嬉しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

正直なところ、あの美容室でいただく名刺って、もらっても困る物。
美容室側としては、自己紹介を兼ねていたり、美容室としてのマナーだったり、
指名を取るため、リピート対策として、配っているようですが、
あれってどうしても必要なのでしょうか?
名刺よりいただいて嬉しかった◯◯とは・・・

いっその事やめるのはどうですか?

美容室だけじゃなくて、お店でもらう名刺ってどうしようか悩むものです。
ネイルサロン、マツエク、エステなど美容系の店舗でもよく配っているし、
不動産とか金融商品とか電気屋でも業界関係なく配ってますよね。
その後も連絡をする「必要」がある方のはとっておきますが、
失礼ながらたいていはゴ◯箱の中行きになっちゃいます・・・

だって、あの名刺100枚で2000円は安くともかかりますよね。凝ってるのだと4000円近くいきますよね。
美容室にも寄りますが、新規のお客様に渡す物ですから早い方で数週間、遅くても2,3ヶ月で使い切るから、
スタッフ1人あたり毎月1000円以上捨ててるようなものですね。もったいない・・・

いただいた名刺を見てリピートしたくなったり、その名刺を見て予約の電話をした記憶がありません。
その名刺の経費をお客様に還元したり、広告費に回したり、いっその事削減した方が有効かもしれません。

新規のお帰りに渡すなら・・・

著者はクライアントの美容室も出入りしますが、お客側としても美容室にはよく行くようにしています。
最近はお休みの日に美容室巡りをしたりするので、月に4箇所以上の美容室に行っている計算になります。
完全に職業病でキョロキョロ観察しているので、あんなことやこんなことが目に入ってきます。

新規のお客様の帰りがけに渡す物で、自分がもらって嬉しかった物や
「わ!それ良い!」というプレゼントは下記のような物です。
印象づけたいならお客様が欲しい物・もらって嬉しい物を渡した方が効果的ですよね!

お役立ち・気持ち系

・髪に関する情報
手書き印刷の、髪に関する情報を紙1枚でいただいたことがあるのですが、思わず家で読みました。
しかも、使えそうな情報だったので数日は取っておきました。こういうお役立ち系はとっておいていただけるので、
あなたの美容室のことを思い出してもらうツールにはもってこいだと思います。

・サンキューレター
その場では難しいと思いますので、後日でOKです。
これって、やっぱり美容室でもらった経験がほぼありません。
記憶に残るだけでも3美容室くらいですかね・・・基本定型の感動しない系のサンキューレターです。
1回だけ半分以上手書きのをいただいて感動したことがあります。また行かなきゃ!って思いますよね。

今時、後輩とご飯に行って大した物ご馳走してないのに、
「ありがとうございました!ごちそう様でした!」ってラインで「即」お礼が来るくらいです。
やっぱりお礼は何度でもした方が印象は良いですよね。
名刺渡すより手間はかかりますが、サンキューレターの方が損しないと思います。

実用的な物

・サンプル品
定番ではありますが、ドサドサっと気前よくいただけた時なんか特に気分が上がりますね。
人間いやしいもので、何ももらえない所より何かもらえる所に惹かれてしまう物です。
やっぱり名刺の予算より、こっちにあてた方が現実的な気がします。

・プチプレゼント
新規だったか、何回目かに行った美容室か記憶が曖昧なんですが、
「これ店長のお土産です〜」とか言いながら海外の紅茶1パックをいただいた時は地味に嬉しかったですね。
え!私にもいただけるんですか!ありがとうございます!って嬉しくなっちゃいます。

これは、あくまで名刺よりこっちの方が覚えている・嬉しいという話なので、
うちは名刺なんか渡してないよとか、指名制じゃないよ、そんな予算ないよという美容室さんは気にしないで下さい。
いやいや!うちはスタッフが10人以上いるからやっぱり名刺がないと・・と仰るならとめません。
ですが、何だか昔からの流れで「何となく」名刺を渡す風習があるなら検討してみるのもよいかもしれませんね。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>