新規集客を頑張ると経営がうまくいかない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やばい!売上が下がってきた・・・
最近目に見えて客足が遠のいてきている気がする・・・
近くに大型店がオープンした、うちも勢いを付けなきゃ・・・

というときにどうしたらいいか、
真っ先に思いつくのはだいたい『集客』です。
特に新規集客に力を入れようとする方が多いです。
でも、新規集客にはリスクもあることをご存知ですか?

こんな現象は思い当たりませんか?

新規集客、頑張っている、1ヶ月の来店客数もその分上がった。
でも、利益は一向に増えない・・・
新規集客に力を入れだしたとたん、毎月の新規数はアップしたものの、
常連客の流出が増えた・・・

というような現象。実はこれ、ありがち。

その理由は・・・

●利益が上がらないのは新規集客は多くの場合クーポンを利用して利益が少ないから

これはまあ、しょうがないといえばしょうがない。
クーポンを使わない集客方法もあるけれど、上手に成功させるのは簡単じゃないし、
クーポンの内容がインパクトがあればあるほど、集客数も上がるから、
クーポン利用の集客自体は悪いことじゃありません。

●集客数と同時に常連客の流出が目立つ

こっちのがすごく問題。大きな大きな問題。
下手したらお店の存続の危機。
常連が流出する理由は沢山ありますが、この場合の理由は
『新規にばかり目が行って、常連客のことをないがしろにしている』
のが原因です。

新規と常連、どっちが大事なの?

貴方がもし頻繁に通う店があるとします。種類はなんでもいいです。
貴方からしたらそこのお店の常連様のつもりですよね?
常連なんだから何か特別なサービスがあってもいいんじゃないか?
とさえ思うかもしれません。
ところがそのお店は新規集客にばかり目が行っていて、
クーポンを配るのは新規だけ。
特別なキャンペーンも対象者は新規限定。
常連客には特にサービスをしてくれることはありません。
しいて言うなら名前を覚えてくれていることくらい・・・

貴方からしたら、新規と常連、どっちが大事なの?
と思うのではないでしょうか?

大切なのは目を向けること

新規集客は絶対に美容室経営に必要なことです。
ただし、大事なのは
『新規集客と同時に、常連客への付加価値を提供する』
こと。
なんでもいいです。
日頃の感謝を込めてとか言って有意義なプレゼントをするとか。
(いらないものはプレゼントされてもいりません。例えばお店のロゴが入ったトートバックとか)
正月は常連には特別に300円でもいいからお年玉を配るとか。
誕生日には特別なイベントを用意するとか。
予約システムの優先化とかでもいいでしょう。

なんでもいいから、
『常連さん、あなたにも目を向けていますよ』
って伝わるようにすることが大切。

新規集客ばかりしていると、いい優良客を逃す原因になりますよ!

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>