◯◯を得られると優良リピート客を得られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様から信頼を得ることが、優良なリピート客を手にいれるのに良い手段です。あなたが美容師として持っている知識は、お客様にとっては非常に役立つ情報なのです。あなたが当たり前だと思っていても、お客様は知らないことばかりです。そして、その知識や情報をお客様に惜しみなく伝えることで、お客様からの「信頼」を得ることができます。つまり、信頼していただけるようになるとお客様はあなたの提案を受け入れ、何度もあなたに会いに来てくれるようになります。

信頼してもらい騙して下さい、何でも売りつけて下さいと言っている訳ではありません。そもそも「信頼」と言っても漠然としすぎていますよね。どういうことかと言うと、情報が溢れる中、迷子になっているお客様を助けてあげて欲しいのです。お客様はその道の「プロ」に話を聞きたいと思い、「プロ」の言うことを聞きたいと思っています。その方が間違いがないし、自分に有益になることが分かっています。

特に優良顧客になりやすい人、つまりお金を持っている人ほど、人生は時間が限られていることをよく知っているので、時間が短縮できる物や、プロに任せた方が早い物には多少高いお金を払ってでも使いたいと思っているのです。

信頼を得るその1:誰よりも先に伝える

誰もが知っていることを伝えても意味がありません。そして既に聞いたことがあることを伝えても意味がありません。例えば、もう紫外線が強い時期になってきましたね。老化原因を多く含んでいるα波のピークは5月頃と言われています。お肌も髪も守らなくてはいけないので、日傘や帽子が欠かせない時期になってきました。美容にこだわる女性の間では常識ですが、この事実を知らない女性の方が多いのです。

7月くらいになってから、「実は4月頃から対策しなきゃダメなんですよね〜」とか言われても遅いですし、髪が紫外線でボロボロになった8月頃に「実は髪も日焼けするの知ってましたか?」なんて言われても遅すぎるのです。ですので、お客様のためになる情報は早めに教えてあげましょう。あなたのお陰で損を被らずに済んだと感謝されるでしょう。そして、あなたからは、髪に関する事前情報がもらえるという信頼を得ることができます。人より有益な情報を早く伝えられることは世の中でとても価値があることなんですよ。

信頼を得るその2:役立つ情報を伝える

このカラー剤には、◯◯と△△いう成分がこの色を作り出しています・・・なんて美容師級の情報をお客様に伝えても仕方がありません。お客様が思わず「へ〜!知らなかった!」と感じて、「それ使えますね」「やってみます」と思うような情報でないと伝える意味がありません。あなたの知識をひけらかされてもお客様はうんざりしてしまいます。お客様のためを考えて、お客様の役に立つ情報をお伝えするようにしてみましょう。

例えば、先ほどの紫外線の時期がもうやってきていることを伝えた後に、髪の日焼け止めを教えてあげると良いですね。髪の日焼け止めの存在を知っている人は紫外線が髪にダメージがあると知っている人より更に少数派です。その際に店販品にそれがあるなら、それを勧めても構いません。ですが本当にお客様のためを思って提案しても、店販品を売り込まれたと思われても悲しいので「当店では取り扱っていないのですが」などと言いながらお客様の髪に合った他メーカーを勧めることができると良いですね。本当に私の髪のこと考えてくれているんだという信頼を得ることができます。この人は自分の利益のためだけに動いているのではなく、相手のことも考えてくれているのだという信頼は、今後末長い付き合いができる大きな条件になります。

信頼を得るその3:かみ砕いて説明してくれる

美容師にしか分からないような情報を、かみ砕いて説明してくれる人は信頼できますよね。そんなこと説明する必要はない、知られたら困ることもある、説明するのが面倒臭いというような美容師が多い中で、わざわざ分かりやすく教えてくれるあなたがいれば、それだけであなたは他の人と違う地位を確立することができます。

なぜその髪型にできないのか、その髪型にしたいならどのような手順を踏まなければならないのか、なぜやりたい髪型が完成しなかったのか、どうすれば髪のコンプレックスが解消できるのかを細かく砕いて説明して差し上げましょう。知らないことがあるとお客様は不安になってしまいがちです。ですが、不安や不満を事前に解消することができれば、あなたはそのお客様から信頼を得ることができます。

信頼を得れば、お客様が自然とついてくることが分かっていただけたでしょうか。しかも、信頼を得られれば得られる程、優良なリピート客を手にいれることができます。自分の利益だけや、売り上げしか考えないような人にはお客様はついてきません。自分の知識をひけらかすだけだったり、考えを押し付けることもよくありません。しかも信頼を得ることは難しく、失うのは簡単なものです。今、通ってくださっているお客様から実践してみてはいかがでしょうか。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>