あなたの美容室に大盛メニューはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様をサロンに集める手段はいろいろありますよね。今、一番多いのはクーポン誌などのHPから集める方法が主流ですよね。次いでチラシやDMなどのオフラインの紙媒体ですよね。ごくたま~にTVCMを流しているサロンもありますが、キー局で流せるところはほとんどないのではないでしょうか。と言いますか、ブランディング以外の集客などのために放映するのは広告費がだいぶもったいないですからね。ですが、地方のローカルテレビは話が別です。地元の人がよく見ているようなローカルテレビにはTVはとっても有効ですね。しかもローカルテレビは無料で載せてもらえる確率が高く、観てる人が多いTV番組程、とっても良い集客手段になるでしょう。

そもそも何でTVCMは集客手段に向いてないの?

普段見ているTVCMを思い出してみていただきたいのですが、CMを見るだけで申し込みができたり、買い物の決済ができるでしょうか?できないですよね。「行ってみたい!」とか「食べてみたい!」とか思ってもその場で行動を起こすことはできないと思います。車のCMなどで「詳しくはWEBで」とか、通販などのCMで「今すぐお電話ください」とか言っていますが、それでもあなたが電話をしたり、WEBを見に行ったり、実際お店に行かない限り、あなたとCM放映先と繋がれないですし、放映先にCMを流した見返りを受けることはできません。

つまり、TVCMを流してもどれだけの人がそのCMをきちんと15秒なり30秒見たのか、CMを見て予約したのか、CMを見た途端に美容室に来てくれたのか、分からないですよね。キー局でCMを出して全国に放映しても超遠方の方が来ることもほとんどありませんし、何より費用が尋常ではありません。広告費で放映してしまうと、ペイしないですよね。数値化できない、費用対効果が合わない媒体を使うのはもはや自殺行為ですからね。

無料でTVに載せてもらう方法

先ほども言いましたが、地方のローカルテレビなら良いかもしれません。地域によっては、キー局よりもローカルテレビをご覧になっている方も多いですからね。そして、何より良いのが「無料で載せてもらえるチャンスが多い」ことなんです。ローカルテレビほど、地元の情報を大切にしています。そして、地域の方が喜んでくれる情報を探しています。つまり、地元の方が面白いとか役立つとか思うであろう情報があれば、テレビ局の方からお願いされることが増えるということなんです。マスコミの人々は昔から「載せてやる」という態度が多いですから、お願いされても取材料などは基本的に支払われません。ですが、地元に無料で広告できる良いチャンスです!ガンガン載せてもらいましょう。

どんな風にすれば載せてもらえるかと言うと・・・大盛メニューのような話題性を作れば良いのです。どういうことかと言うと、飲食店がよくありあえない大きさのメニューを作っているのを見たことありませんか?通常サイズの20倍の天丼とか、信じられない量のアイスが乗っていたり・・・それで全部食べられたら無料とか、1年分の食事券プレゼントとかやっていますよね。昔、テレビを見ていて「こんなことしてどうするのだろう?」と思っていましたが、これがマスコミに取り上げてもらうための分かりやすい例だとマスコミ関係の方に教えてもらい納得しました。あなたの美容室にこんな風に思わずマスコミが紹介してみたくなるメニューはあるでしょうか。マスコミ関係の方いわく、カリスマ美容師とかいう方々もこっちの意味合いが含まれていることが多いそうですね。
何かマスコミが紹介したくなるような話題を作ってみると、無料で美容室を紹介してもらえますね!

利益に繋げる手段は広告だけではない

商売は売上あってこそ、お客様に貢献できますから、どのように利益を上げるかは常に考えておかなければなりませんよね。お客様から搾取するという考えではもちろんなく、「どのように美容室の存在を伝えていくか」を考えていくことが大切ですね。その利益に伝える手段は主に広告(マーケティング)、ブランディング、PRと分かれます。広告・マーケティングは、自ら自分をアピールすることで、ブランディングは相手に自分の思惑通りに思ってもらう、アピールしてもらうなどの方法です。PRは、マスコミなどの機関を通して第三者からアピールしてもらう方法です。

ですので、今回ご紹介したのはよくご紹介している広告・マーケティングのお話しではなく、PRやブランディングのお話しでした。ブランディングはかなりの費用と時間を要するので、軌道に乗って店舗が増えてきたというような美容室にしかおすすめできません。個人のブランディングは除きますが・・・。ですので、小さい美容室や集客に困っている美容室は広告・マーケティング・PRをうまく活用していくことをおすすめします。もっとお客様に上手にアピールしていきましょう!

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>