雑誌の4月号が新規集客の手本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはファッション雑誌を読んでいると思いますが、ここ数ヶ月の付録はどのような物だったでしょうか?なかなか豪華な付録だったのではないでしょうか?付録の方が雑誌より高そうな物ばかりだったのではないでしょうか。もちろんこれは出版会社の意図があります。この意図が、美容室で新規集客をするのに、原理をとてもよく再現していたのでご紹介します。

年度初めに新規客を囲い込みたい

本屋に行っても、コンビニでも雑誌のコーナーが賑わっているのにお気づきでしょうか。雑誌より大きかったり、分厚い付録がついていて、いつになく豪華な雰囲気が漂っています。これ、なぜこんなに豪華な付録がついているかというと、出版社が新規のお客様を取り合っているからなのです。年度初めで、生活が変わる方をターゲットとしています。生活が変わると共に読む雑誌が変わる方が多いですからね。中学を卒業して高校生になったら、高校生向けの雑誌を読みますし、大学生が卒業したら社会人向けの雑誌を読むようになります。

リピートしてもらえれば元が取れる

その雑誌が変わるタイミングで新しいお客様を取り込みたいですよね。最初の雑誌の付録が豪華だからという理由で買ってもらって、何となく良かったからそのまま購読し続けてもらえれば、こっちのものです。

人間の特性や心理的に、途中で辞めたり、途中から違うことするのを嫌います。
ですので、ひよこの刷り込みのように最初に読んだ雑誌を読み続けることが多いのです。最初が肝心だから、新規のお客様はお金がかかっても獲得したいから付録を豪華にするのですね。しかも掲載しているメーカーとタイアップしている場合が多いので赤字になるようなことはないそうですが、通常の雑誌よりお金はそれなりにかかっています。それでも、ずーっと読み続けてもらえれば定期的に利益が上がりますから、そこで元がとれるのです。もちろん、それなりの価値を提供し続けることは最低条件ですが・・・

世の中の儲かる仕組みを理解する

ご存知の方も多いとは思いますが、このように最初に自分の負担が多くても、後から必ず掛けた分を回収できると予想してお金をかけることを投資と言います。掛けたからと言って回収できないこともあるので、そのリスクに備えるのも投資です。この投資はビジネスの基本です。このご時世では新規客を獲得するには赤字であることが多々あります。また、獲得した新規客のリピートによって赤字分を回収し、その後からやっと利益を出すモデルが増えてきています。そうしないと今後長く経営していけないことをわかっているからそうしているのですね。

10年前は新規客を獲得して、そこからから利益を出しても問題なくやっていけました。新規もそこそこ取れましたし、美容室で多くのお金を支払うお客様がたくさんいたからです。世の中で多く取り入れられている仕組みには必ず理由が存在します。今後は情報や技術の発達によって世の中がどんどん複雑化していきます。取り残されないように、勝ち残れるように世の中の背景を読み取るのを忘れないようにしましょう。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>