紹介しまくる女達から学ぶ紹介術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介って広告費がかからないし、単価も良いお客様や、感じの良いお客様であることが多いから良いですよね。綺麗な女性のお友達は大抵同じような顔面レベルですからね!まれにケチな人がケチな人を紹介してくることもありますが・・・。基本的に紹介は良いこと尽くしですよね。ですが、紹介って実はとても難しいのです。著者も友人もガンガン紹介することが多かったので、紹介するのが普通だくらいに思っていたのですが、世の中の人はあまり紹介しないのですね。ですので、紹介する女達の行動や心理に基づく、紹介術を見てみましょう。

徹底的に綺麗にして褒めたたえる

女性が美容室に通う理由は「綺麗になりたい」が大きな理由なのですが、なぜ綺麗になりたいのでしょうか。根本にあるのはチヤホヤされたいからです。「かわいいね」「いつも綺麗だね」「髪がサラサラだね」「良い色してるね」と褒めてもらいたいのです。自分できれいきれいと言って喜んでいる女性も中にはいますが、基本的に褒められて嫌な気分になる人はいません。

しかも、褒められると自信がついてくるので、益々綺麗になろうと思うようになります。その相乗効果で、自信があって綺麗な女性に、周りの女性が憧れ始める訳です。「どうすればそんなに綺麗なんですか?」「何を気をつけているのですか?」とか質問攻めの中に「どこの美容室に行ってるんですか?」もよく含まれてくるのです。そこであなたの美容室の名前を言ってもらえれば、軽く2、3人は集客できます。◯◯さんみたいに綺麗になりたいという、美に対してやる気のある女性が。

あなたのお客様の中で、他の女性が憧れるような女性を徹底的に祭り上げましょう。美しいお客様の写真を「え?本当に◯歳??」とか「10歳若返ったお客様」などのキャッチフレーズをつけて、店内に貼るなり、ネットに掲載するなり、広告で使うなり、どんどん褒め称えるのです。許可をいただき次第、ガンガン褒め称えましょう。すると、褒め称えらえた女性は自信がつくので、益々頑張ろうと綺麗になり、女性の憧れの的となり、自然と紹介客が増えることでしょう。大人しくて美しい方より、明るくて活発な美しい方がオススメです。そのような人の方が自慢げにあなたの美容室を紹介してくれます。

特典を豪華にする

美容室の紹介特典が豪華だであることはほとんどありませんよね。ですが、エステなどの高額商品は紹介特典も尋常ではありません。初回契約が30万とか50万になる商材だと、紹介料も平気で5万〜10万のギフト券になったりします。こんなに明らかに豪華だと女性も頑張って紹介に走る訳です。

美容室でここまでしろとはいいませんが、20%〜30%オフなんてチケットを配っている場合ではありません。特典をつけるならもっと豪華な特典をつけた方がいいです。オプション系を3回くらい無料するとか、キャッシュバックするとかしても良いと思います。よく考えて下さいね、紹介のお客様を集めることは広告費より安く済んで、リピート率も新規のお客様より格段に上がるのを忘れないようにして下さい。ケチるから紹介してもらえないのです・・・

フォローを怠らない

忘れてはならないのが「フォロー」です。紹介された側もした側にもきちんとお礼をいいましょう。それだけで更に紹介を生むことがあります。「紹介してくれてありがとう」「紹介で来て下さってありがとう」口で伝えても、ウェルカムメッセージや、サンキューレターで伝えても構いません。お礼が上記の特典だったりすることもありますが、感謝の気持ちを伝えることは女性にとって非常に重要です。お礼も言ってくれない美容室をまた紹介したいと思う女性はほとんどいないのではないでしょうか。恐ろしいのが女性同士の中で「紹介してあげたのにお礼も何もなかった」なんて噂が立てられた時です。せっかく紹介してくれるような女性を失う上に、イメージダウンにまで繋がってしまいかねません。

普通にお願いする

意外と忘れがちなのは、口に出してお願いすることです。あなたの大切な常連に対して「紹介していただけませんか」と普通にお願いしてみましょう。そうそう、逆に新規のお客様に名刺と一緒に紹介券を渡す習慣は辞めた方が良いですね。よくわからない人を誰かに紹介することなんでめったにないからです。お願いするなら常連の方が良いですね。もちろん、紹介してもらったら褒め称えるなり、特典をお渡しするなり、お礼を何度でも言うなり、常連ならではの特別扱いを忘れないようにして下さい。

いかがでしょうか。ここまでやれば紹介は発生するはずです。ここまでやっても紹介が発生しないようであれば、接客や技術、ハード面などを見直した方が良いかもしれません。とにかく紹介は、紹介したくなるような人を作ること、紹介したくなるような美容室になることを「お客様の立場になって」心がけてみて下さいね。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>