隣の美容室のこと気になりませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、隣や近隣の美容室が流行っているのか、どんなことをしているのか気になりませんか?
むしろ、ちゃんと気にしていますか?
集客をするためには、様々な下調べが必要ですが、その中の1つに「競合調査」というものがあります。
つまり、あなたの近くのライバルの美容室について調べるのです。

1、ライバルの状況を調べる方法

本来、競合調査と言うと、相手の資産状況だとか、株価だとか、小難しいものを担当者をつけて徹底的に調べるのが競合調査です。ですが、あなたが全国で100店舗以上経営していたり、上場していない限りはそこまで調べる必要はありません。

まず、あなたが知るべきなのは近所の美容室の現状です。それでは、どのように「競合調査」をすれば良いのでしょうか。気軽にできる方法を3つご紹介します。
 

1−1 ネットで検索する

まずは、近くの美容室の名前をネットで検索してみましょう。すると、分かることが2つあります。
・ホームページを持っているのか
・ネット上で広告を出しているのか   がわかります。

まず、ホームページがあれば、ブログをやっているかどんなキャンペーンをしているのかを見ましょう。
何か変わったキャンペーンをしている時は、お客様が取られてしまうピンチです!負けないキャンペーンをやる必要があります。

次に広告を出しているのであれば、どの広告媒体を使っているかをチェックしましょう。ホットペッパービューティー、かみまど、楽天ビューティー、エキテン、PPC広告など沢山ありますが、仮にあらゆる広告に出している場合は注意が必要です。ライバルはかなりの資金と全身全霊をかけて広告を出しているので、お客様をとられてしまう可能性があります。

しかし、広告費と売上が同じくらいでは意味がありませんので、あっちこっち広告を出せばいい訳ではありません。あなたは焦らず、費用対効果が高い広告に投資をしましょう。
 

1−2 新聞の折り込みを見る

さすがにポスティングされることはないでしょうが、新聞の間にあるチラシは見ることができます。「今時、新聞なんてスマホやタブレットで見れるでしょ」だなんて言わずに、たまに新聞をとって競合がどんなチラシを入れているのかチェックしてみると良いでしょう。

または、図書館などでチラシをその日の見ることができるので、気が向いたらチェックしてみると良いでしょう。
 

1−3 目の前を通る

少し勇気のいる方法ですが、ライバル美容室の前を通って見ましょう。客入りの様子はどうなのか、どんな看板を出しているか、どんな飾り付けをしているのか、どんな客層が多いのか、どの時間帯が混んでいるのかなど、見るべきところは沢山あります。

当然のことながら、まじまじとじっくり見ることはできませんので、通る機会がある時は何度でも気をつけて様子を見るようにしましょう。
  

【まとめ】 真似ではなく活かす

ストーカーみたいだなんて思っていませんか?気持ちは分からなくはありませんが、商売をしていく上で敵を知ることはとても重要です。全く同じことを真似ることはおすすめしませんが、場合によってはライバルがなり振り構わず、あなたの美容室の集客方法をそっくりそのまま真似てくる可能性は0ではありません。

ライバルの良いと思ったところは、あなたのカラーにして取り入れてみて下さい。相手の良いところより、更に良くするのです。そして、ライバルよりもっとお客様を集めましょう。

 

日本美容室出版

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>