繁忙期にお客様を囲い込む方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ12月ですね。繁忙期の広告の準備はもう、お済みですか?繁忙期はお客様が来るから大丈夫だと思っているあなたは要注意です。12月と言えば、クリスマスや忘年会、年末などイベントが盛りだくさんですよね。12月は人々のお財布のヒモが緩んでいる時です。

1、繁忙期=奪い合い

「よし、新しい年は気持ちよく迎えたいから新しいヘアスタイルにしよう」
「クリスマス前は気合いを入れたヘアスタイルでデートに臨みたいな」
「ボーナスも入るし、ご褒美に奮発したメニューに挑戦しようかな」

などなど、美容室を探している人も少なくありません。そして、魅力的な広告を打っている美容室にフラフラと入っていくのです。そんなお客様を狙っているライバルはたくさんいます。

1−1 チラシで囲い込む

繁忙期は、新規客と集めるというよりも、ライバルのイベントに負けないイベントを企画し、告知するということが重要です。なぜライバルが行っているウェブでやらないかというと、12月は儲かる月だと皆分かっているので、ネット上の広告はぐんぐんと高騰するからです。

一方でチラシは、値上がりしません。また、イベントのためだけにページを作ることは費用や時間が許さないと難しいですが、チラシは自分の都合で内容の変更やターゲットを選ぶことができるのでおすすめです。

1−2  DMで囲い込む

繁忙期こそ、既存のお客様の近隣や、お客様が見る広告に負けないように囲いこむことが重要です。「他の美容室じゃなくて、うちの美容室に来てね!」とDMでアピールしましょう。何回か来てくれているから大丈夫だろうと思っていても、きちんとフォローしていないと繁忙期にこそ、いとも簡単に他の美容室にとられてしまいます。

「クリスマスイベント」や、「新年は新たな気持ちで」という企画や、親戚割など家族が揃う時期だからこその親子セット割引などをしてもいいかもしれません。意味のない割引は安売りになってしまいますが、このようなイベントの理由つけができれば安売りになりません。

1−3 常連客を囲い込む

常連客を絶対に他店にとられてはいけません。そのために、12月初旬にドカンとクリスマスプレゼントを贈ることをおすすめします。シャンプー1本でも、2016年の毎月◯円引き回数券でもいいかもしれません。年間20万前後使ってくれる常連客をみすみす他店に渡すくらいなら、これ位のことをして囲っておいても損はしないと思います。

そんな素晴らしいプレゼントを、サプライズでもらった常連は、12月中に他の美容室に行こうなんて思うことはないでしょう。

【まとめ】 守ることに全力を注ぐ

繁忙期だからといって、忙しさにかまけていては、年明けに気がついたら何人かの大切なお客様が来なくなった…なんてことになりかねません。繁忙期こそ、あなたの美容室の大切なお客様が他店に「とられない」ことを考えてください。さあ、繁忙期の広告を出すにはもう時間がありません。12月の広告を出してあなたの美容室の大切なお客様を守って下さい。

 

日本美容室出版

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>