2016年を戦略的に攻める方法(1月〜2月編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】事前準備やスタートが肝心

明けましておめでとうございます。
やっと31日に仕事納めが終わった…お正月はゆっくりしよう…

ちょっと待って下さい!

2016年の年始こそスタートダッシュのチャンスです。
他のオーナーがぬくぬくしているところを際置いて、
美容室が休みの今だからこそ、2016年に備えるいい機会です。

年間計画:スタートダッシュ(1月〜2月編)

年間の予定を立てる際に、美容室にとって、
「影響があるであろうこと」「対策」「おすすめイベント」
以上の3つを月ごとにご紹介します。

2016年1月

2016年のスタートです。年賀状を送って、久々の再来店があるかもしれませんね。
割引こと以外に、お客様にさまざまな理由をつけて来店をおすすめできます。
「美しい髪で新しいスタート」「美髪にして2016年の恋愛運アップ!」
「2016年は新しいメニューに挑戦してみませんか?」などなど、
お客様の気が大きくなっている時がチャンスです!

【影響】
1月から閑散期に入ってしまいますね。
お客様もお正月は散財しているので、美容は後回しになりがちです。

【対策】
湿度が更に下がり始め、多くの女性(特に年配の方)は頭皮がかゆくてたまりません。
「ゆっくりシャンプーで乾燥を抑える」や「頭皮の乾燥対策はプロにお任せ」と言った、
髪の毛の悩みより頭皮の悩みに訴えてみると反応が良いかもしれません。

【おすすめイベント】
・縁起物プレゼント
 →日本人は福袋や、おみくじや、くじなど験担ぎが大好きです。
  上記の物を実践している美容室も多いようですが、他には年始に捨てられない物を
  プレゼントするのも手です。縁起の良い◯◯と言ってプレゼントしましょう。
  髪に関係のある物だと尚良いでしょう。年始に縁起の良い物を捨てる方はあまりません。
  すると、それを見る度にあなたの美容室を思い出してもらうことができます。

・やったことのないメニューを試してみるお試し会
 →2016年は新たな決意をする方が多いので自分を変えようとしている方がたくさんいます。
  「彼氏を作る」とか、「◯キロ痩せる」とか外見を変えようと努力する人に良いでしょう。
  挑戦はしたいけど、1人は嫌とか失敗したくない女性のためにあえて大人数でやると良いでしょう。

2016年2月

更に厳しい閑散期がやってきますね。
30日もない月で大変なのに!と思ったら閏年なので29日ある年なんですね。

【影響】
閏年が騒がれる月です。
オリンピックのこともそれにこじつけてマスコミが騒ぎ始めます。
またバレンタインが年々何でもありのイベントになりつつあります。

【対策】
せっかくなので、閏年やオリンピックに乗っかりましょう。
バレンタインも女性から男性へチョコをプレゼントするイベントでもなくなってきているので、
ピンク色の物・ハートの形をしたヘアケア品をプレゼント!でも良いかもしれません。

またお客様が来ていない時だからこそ、
DMやニュースレターで忘れられないように関係性を保ちましょう。

【おすすめイベント】
・4年に1度の◯◯
 →タイトルは大袈裟ですが、内容はそこまで大袈裟にする必要はありません。
  変わったセットメニューの提案や、髪を綺麗にするチャンス、
  新しいカラーの提案をしても良いですね。

・バレンタイン
 →当然のことながらバレンタインに燃える女性へアピールすることも良いのですが、
  自分へのご褒美チョコや家族チョコなど何でもありになってきているので、
  毛先にご褒美チョコ、頭皮にご褒美チョコと言ってチョコレートの香りがする
  トリートメントやスパをおすすめしても良いかもしれません。女性は甘い系の香りが大好きです。

次回は年間計画として3月と4月をご紹介します。

 

日本美容室出版

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>