2016年を戦略的に攻める方法(11月〜12月編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

いよいよその年最後の繁忙期がやってきます。
12月決算の美容室では最後の追い込み時ですね。
11月は「良い夫婦の日」というイベントが定着しつつあります。
12月はいつも通り、クリスマスや年末イベントを活用しましょう。

2016年11月

【特徴】
ハロウィンやクリスマスの間でなかなかイベントがしずらい月ですよね。
また毎年12月に美容室に行くから11月は行かなくても大丈夫というお客様も多くなります。

【対策】
イベントは作ってしまえば良いのです。
お客様が魅力的に感じたり、納得をすれば来て下さいます。
ですので厳しい月だからこそ事前に魅力的なイベントを考えることが重要です。
また、既存のお客様にプライベートイベントにご招待したり、
常連の方にVIPイベントを開催しても「特別扱い」もできて売上も立つのでおすすめです。

【おすすめイベント】
・良い夫婦の日
 →「出会った頃を思い出す」「今も変わらぬ美しいあなた」というような女心を刺激するアピールで、
綺麗な髪で良い夫婦の日にデートをおすすめするのも手です。もしくは旦那さんにおねだりできる券などを用意してもいいかもしれません。

・プレウエディング応援
 →ジューンブライドに次ぐウエディング需要が増えてきている月です。
プレウエディングと言えば、結婚式を実際に行うところでするのが通例ですが、
最近では式を挙げずに写真で済ませるカップルも増えてきました。
近くの写真屋さんと連携をして、プレウエディングをおすすめしたり、
実際に結婚の写真を撮る前にヘアメイクをおすすめしても良いかもしれません。
あくまでもこれは閑散期の対策や、新規のお客様を取り込むためのイベントとしてご活用下さいね。
  

2016年12月

【特徴】
遂に最後の追い込み時ですね。
どの美容室も最後の繁忙期として忙しくなる時ではないでしょうか。
12月こそとりこぼしなく売上を作っておきたいですね。

【対策】
どうしても、お客様も目移りしやすい時期です。
クリスマスや年末で浮かれてる既存のお客様を手放してはいけません。
繁忙期だからこそ、お客様にDMを送ったり、クリスマスプレゼントを送って囲い込みましょう。
せっかくの売上が立つ時期に他店に流れてしまっては元も子もありません。

【おすすめイベント】
・クリスマス
 →「クリスマスプレゼント」とセールスをしても良し、
  「クリスマスは綺麗な髪でデートをしてみてはいかがですか?」という打ち出し方でも良いと思います。人によってはクリスマスは一大イベントの方が多くいらっしゃるので、それを応援しましょう。

・自分にご褒美
 →年末ですので、1年頑張ったあなたにご褒美メニューを用意すると喜ばれるかもしれません。ご褒美という理由つけで女性の欲望を掻き立てると、女性も言い訳ができます。日本の風習で年末の大掃除があるように、年内に身の回りを綺麗にしておきたい日本人は多くいます。「年内に綺麗に」というアピールをすると風習に習う方に効きます。

年間計画はもうお済みですか?
直前に準備するのと、事前に前持って準備するのとではライバルと大きな差が出てきます。
ぜひ1月中にイベントまで先取って予定を立てることをおすすめします。

 

日本美容室出版

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>