ウェルカムカードを活用した集客

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェルカムカードを書いたことはありますか?ウェルカムカードとは、予約席などに置く、メッセージ入りのカードのことです。今や飲食店などでは当たり前になってきていますが、美容室ではまだあまりみかけません。密かに集客に繋がるツールなのでご紹介します。

1、ウェルカムカードを書くと良い理由

大小問わず、ウェルカム「ボード」はよく見かけます。ウェルカムボードは美容室の入り口付近にも、座席のテーブルの上に置いてありますよね。正直なところ、ボードだと不特定多数に向けられたものなので、メッセージが個々に響きません。ウェルカムカードなら個々にメッセージを伝えられます。

1−1 感動からシェアへ

人は便りをもらうのが嫌いではありません。むしろ自分に宛てられたメッセージに、興味がない人は少ないのではないでしょうか。そして更に、そのウェルカムカードの内容が思いがけない、面白い、嬉しい内容だったりすると、思わず誰かに話しをしたくなります。

もし近くに人がいなければ、ウェルカムカードの写真を撮ってSNSなどにアップして共有したり、誰かと会った時に話をするのです。「◯◯という美容室でこんなことがあった」とシェアや話をしてもらえれば、お客様が広告塔になってくれるのです。

1−2 特別扱いができる

お客様は、特別扱いされるのが大好きです。特に女性のお客様は特別扱いを好みます。新規のお客様ばかりに力を入れてしまいがちですが、常連やロイヤルカスタマーは特別扱いをしないと離れていってしまいます。

ウェルカムカードにあなたのことに関することが書いてあるだけで、特別扱いをしてもらったと感じるのです。そして、特別扱いしてくれる美容室に行きたいと思うようになるのです。

2、ウェルカムカードを上手に書くコツ

ウェルカムカードにルールはありません。これからいらっしゃるお客様を想像しながら自由に書いてみましょう。一方で何を書いて良いかわからない方も多いのではないでしょうか。それでは、ウェルカムカードを書くコツをご紹介します。

2−1 見た目よりも気持ちを

きれいにデザイン性高く書こうと意気込まなくても大丈夫です。字が汚いから嫌だと思わずに、挑戦してみましょう。まずは予約時にお名前をいただいたのであれば、お客様のお名前を入れましょう。その次に来店のお礼を必ず入れましょう。

そして、暑い中、足元の悪いなかなどの気遣いを入れても良いでしょう。結婚やお誕生日など特別な時はそれを入れても良いでしょう。もしくは初来店記念や◯回来店記念など、特別な日を作ってしまうのも良いかもしれません。

fc075d93-s
こうして事前に準備しておくとすぐ出せますね(※キャラクターの手書きは著作権などにご注意ください)
参考URL:クレイル大田原さん

o0480048012657508477
このような素敵なカードなら集めたくなりますね
参考URL:クレス戸田店さん

2−2 おすすめメニューや店販品記載

そして、ウェルカムカードの裏におすすめのメニューや店販品などを書いておくと、裏面でそれをアピールすることができます。座席に書いてあるPOPが目に入らなくても、名指しのウェルカムカードは、何だろう?→読んでみよう→しっかり裏表読んでみようという心理が働きます。

自ら読んでもらえるつまり、話を聞く姿勢で話を聞いてもらえるのが美味しいポイントです。あまりそこでセースルをし過ぎても良くないので、あくまでもサラッとさりげなく入れておくことが重要です。

【まとめ】他がやっていないから効果がある

お客様が来店するのは、技術や接客が気に入っているという理由だけではありません。「お!ここ何かいいな」という感覚も、再び来る時の決め手に繋がるのです。ウェルカムカードはカード、ペン、ハサミだけで作れてしまいます。時間も費用もかからず、他の美容室との差別化がはかれたり、来店のきっかけになるのであれば試してみる価値がありますね。

 
 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>