モデルハント規制で出る影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

モデルハントについて、今後の方針を考える必要があるかもしれません。
ますます、従業員も雇えずにお客様の人口も減っていく少子高齢社会。
その上、このモデルハントが規制させる地域が出てきてしまいました…

1、モデルハントの文化は今

あなたの美容室では、アシスタントにモデルハントに外出させていますか?
最近では、1人経営や2人の美容室が増えてきたので、
人の頭で練習が必要であったとしても、
暇な時間があろうとハントに行かせる美容室は少ないようです。

この文化は現在も残っているようですが、
モデルハントが規制される地域が出てきてしまいました。

2、東京都内では規制が増えている

モデルハントをよくしている都内で有名な場所は、表参道のアップルストア前あたり、
表参道ヒルズの通り、原宿の竹下通り、渋谷の西武の前、渋谷の丸井の交差点あたり、
109付近、池袋のサンシャイン通り、代官山の芦屋付近です。

もちろんここ以外にも行われていますが、昨年の12月に東京との立川市で大きな規制が出されました。
参考URL:『立川駅周辺 客引き規制、全業種に』
著者個人の意見としては、客引きやスカウトとハントを一緒にして欲しくないですし、
美容師さんはマナーがなっているので、規制しなくても良いのではないのかなぁと思うのですが、
飲食店はNGで美容室はOKとできないのが理由でしょう。迷惑行為と言われてしまうのは悲しいですね…。

大阪などでも規制はあるようですし、
この規制は、地方にも広がっていく可能性もあります。

3、ネットの活用を

そんなことを言われても、教育もそうだけど、
実際に人の頭で練習する必要があるのにどうしようという方に
おすすめなのはネットでスカウトする方法です。

最近では、街頭に立ってスカウトする以外にも、
SNSやネットでもスカウトをする方法があります。
例えばこんなサービスもあります。参考URL:『ネットで簡単サロモハント』

どうしても人や時間のない美容室や、規制が入ってしまった地域では、
このようなサービスを活用するのも手でしょう。

コミュニケーションスキルや美容師のスキルを身につける、
教育の一環として、モデルハントを行っている美容室もありますよね。

ネットやSNSでモデルハントをするなんで邪道だ!と思われる方もいるかもしれません。
もちろん、無理に方針を変えてくださいというつもりはありません。
ですが、上記のように法で決められてしまう場合は逆らうと営業停止にもなりかねません。
時代の変化に柔軟に対応していくことも必要なのかもしれません。

 

日本美容室出版

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>