廃業する前にまだ出来ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

廃業する1番の原因は「お客様が来ない」
つまり集客ができていないことが原因です。
無駄を減らしたうえで、最後の集客の努力をしてから、
大きな決断をするようにしましょう。

減らせるものはとことん減らす

まずは、やはり無駄なものを減らす必要があります。
廃業しなきゃと追い込まれているあなたは、これはもう既に行っているでしょう。

不要な物をまだリースを組んでいる、違約金を払った方が安く済むなら手放しましょう。
売上とほとんど変わらない広告費、それに長年苦しんできたのではありませんか?
この広告をなくしてしまったらお客様が来なくなる恐怖はあると思いますが、
最後に必要なことは本当にお客様を連れてきてくれる広告です。
この際、費用対効果が高い広告だけにしましょう。

また、残酷な話しかもしれませんが人件費もバカになりません。
あなたは血も涙もあるので、長年頑張ってくれているスタッフに解雇を言い渡すことはこの上ない苦しみでしょう。
しかし、あなただけであれば何とか回せるようになる可能性が高いのです。
早めの決断をして、他の就職先を斡旋してあげたり、また復活したら戻ってきて欲しいと伝えるなり、
箱の広さもあるとは思いますが、極力少なくした方が良いでしょう。

物も人件費も「途中まで支払ったのにもったいない」という気持ちが邪魔をしますが、本当にこれからも払い続けた方が良いのかを考えた方がよいでしょう。

お客様以外の人にも声をかける

もうなりふりはかまっていられないので、声をかけれる人には声をかけた方が良いでしょう。
友人、知人、近所の人にも声をかけるのです。友人は少々気が引けるとは思いますが、
近所の人つまり、異業種の人に声をかける分にはまだ声をかけやすいでしょう。

例えば、近くの飲食店に「御社の情報を店内に置くので、うちの情報も置いていただけませんか?」
というような感じで声をかけてみましょう。ここで注意したいのがお互いにメリットがあるようにすることです。

苦しいときだからこそ、自分のことだけを考えるのではなく、相手も思いやることで、
必ず助けてくれる人が出てくるでしょう。周辺に全くお店や知り合いがいないというような状況でなければ、
まだまだ集客するチャンスが眠っています。お店だけでなく公共機関もお忘れなく・・・

お客様に声をかける

これが最もオススメな方法です。そうです、既存のお客様に声をかけるのです。
新規のお客様を集めるよりもずっと効果があり、費用が少なくて済みます。
どのように声をかけるかというと、DMで再来店を促せば良いのです。

しかも、もう長年来ていないお客様にも実は効果があります。
え?もう来なくなったお客様なのに?と思うかもしれません。
それは、DMの内容や送り方に工夫が必要なのです。
とにかく、費用が苦しい時こそ少ない費用で費用対効果が高い既存のお客様に声をかけましょう。
その再来店してくれた良いお客様は、売上に必ず貢献してくれるでしょう。

いかがでしょうか?廃業しなくてはと追い込まれている中で上記のことを全て行ったでしょうか。
人間は、追い込まれるとなかなか正しい判断がつかなくなってしまいがちです・・・
ですが廃業するよりも、何とか利益を出すことでしかあなたは救われないでしょう。
まだまだあきらめずに、最後まで可能な限りできることをやってみましょう。

 

日本美容室出版

楠瀬健之【公式チャンネル】

楠瀬健之【公式Facebookページ】

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>