おまえなんか知らないよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近新しいヘアサロンが増えてるからな~新規のお客様とられないか不安だな~
そう思ったことはありませんか?
その悩みを解決するための方法について話していきます。

前回で”売上をアップさせる3つの要素”についてお話ししました。

3つの要素の中で、最初にするべきものは何か?わかりますか?

いろいろ意見はあるかと思いますが、まずは”集客”です。
今、あなたのお店が回らないくらいお客様であふれてるのなら別ですが、そうじゃないならまず集客から始めることをお勧めします。なぜなら、単価をアップさせることや来店頻度を上げさせることよりもリスクがなく簡単だからです。

当たり前ですが、100万円で売れる技術や、毎日通いたくなるサービスがあっても、それを知って買いに来るお客がいなければ1円にもなりません。
オープンしたてのお店をイメージすると、集客が大前提なのは理解しやすいですよね。
集客は、うまくやることで、『集客費用5万3000円で、新規顧客89人獲得、81万円の売上』とかを出すことができます。これ、実際に自分が試して出た結果です。
※集客はお金をかければ良いというものではありません。そういうのは大きなところがやることです。

最初に、集客を成功させるために『絶対に必要な考え方』をお話しします。
まずこの言葉を頭に叩き込んでください。

●誰もあなたのお店のことなんか知らないし、興味もない

という事実です。
え~とどういうことかと言うと、貴方のお店の周りに住んでいる方のほとんどが貴方のお店の存在を知らないということです。そのまんまですね(笑)

友人とドライブをしていて『あれ~こんなところに新しいお店ができてるね!何のお店だろう?』
と話をしたことはありませんか?そして『知らないの?このお店何年も前からここにあるよ』と言われたことは?
夫婦で散歩していて、『あれ?ここ空き地になってるけど、前は何のお店だったっけ?』という話になったことは?

自分が今通っているとかじゃなければ近くにあるお店のことさえ知らない、興味がないのが消費者です。
そんなことはない、うちのお店は有名だ!と反論する方もいるでしょう。そこで一つ自分の話を紹介すると、私の経営している美容室は同じ町の同じ場所、大通りに32年間存在しています。美容室としては立派な老舗の一つですね。
でも、いまだに町内から、『ここが美容室だって知らなかった』と言って来店する新規のお客様があります。

もう一つ分かり易い話をすると、貴方は美容室のオーナーさんだと思いますが、近隣のライバル店のことを詳しく知っていますか?何がウリでどんな人が働いていて内装は?
おそらく知らないのではないでしょうか。
知っていることはお店の名前と場所だけ。

ライバルの貴方でさえそうなのだから、消費者はもっと知りません。
知っているのは情報誌にクーポンがついていることくらいです(笑)
場所とお店の外観は知っていても詳しいこと(どんなお店なのか)がわからなければ、
それはそのお店を知らないと同じです。

そして消費者が貴方のお店のことを知らないということは、”わざわざ貴方のお店に行く理由がない”と言うことです。
貴方はよく知りもしないお店によく入っていくタイプですか?それも美容室のような人と関わりをもたないといけないようなお店に・・・そんな人は日本人にはなかなかいないと思います。

だから、集客で成功するためには、貴方のお店がどんなお店なのかを消費者に分からせるような集客をする必要があります。

しかし現状の美容室の集客は・・・広告とかを見ている限り『これじゃあかけた費用すら取り返せるかあやしいだろうな』と思うものがとても多くあります・・・

今日はここまで!
詳しくはまた、次回に続きます!!



コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>