幸せな結婚生活を送りたいのにナンパをし続けた男の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

幸せな結婚生活を送りたいと思っているのに、
ナンパをし続けた男は幸せな結婚生活を送るどころか、
結婚をすることもできませんでした。

つまり、いつもセットメニューをしてくれ店販品をよく買う高単価&
ヘアスタイルのこだわりや要望も少ない感じの良いVIP客をみつけ、
そのお客様だけを相手にしたいと思っているのに、
いつまでも新規集客ばかりをし続けた美容室オーナーは、
良いVIP客に出会うどころか常に集客の不安を抱え続けました。

優良顧客や好きなお客様だけを相手にしたいと
思っている美容室オーナー2人の話

3年前。
優良顧客や好きなお客様だけを相手にしたいと
思っている美容室オーナーが2人いました。

この2人の美容室オーナーの経営は
とてもよく似ていました。

新規客の獲得に積極的で、
ネットのクーポン誌を使うことはもちろん
折込チラシやポスティングなど、
たくさんの方法でお客様を獲得していました。

2人の美容室オーナーは順調に新規客を
獲得し続けていきました。

そして、3年後。

2人の美容室オーナーは相変わらず、
とてもよく似ていました。

折込チラシやポスティングで
お客様を積極的に獲得していましたし、
インターネットでの集客も
やり続けていたのです。

しかし、違いもありました。

一方の美容室オーナーは、
優良のVIP客はほとんどおらず、
新規の集客だけをし続けていました。
集客の不安が常に絶えませんでした。
繁忙期と閑散期の売上の差が激しく、
廃業間近まで追い込まれてしまいました。

もう一方の美容室オーナーは優良のVIP客を獲得し、
接客したお客様だけ、基本的にリピーターで回していました。
集客の不安もなく売上も立ち、安定した経営をしていました。

2人の美容室オーナーの違い

何がこの違いを生じさせたのでしょうか?

一方の美容室オーナーが経営熱心で、
もう一方の美容室オーナーが
経営に不熱心だったわけではありません。

一方の美容室オーナーが売上を伸ばすことに対して積極的で
もう一方の美容室オーナーが消極的になったからでもありません。

その違いは、新規客の来店後にどうするのか。
その新規客をどのようにフォローするかによって生まれたのです。

「優良顧客だけを、良いお客様だけを相手にして
集客や売上の不安から解放されたい」

そのためには、どのような新規客のフォローがあり、
それをどう活用するかが、大きなポイントになるからです。

では、どんな新規客のフォローを知り、
それをどのように活用すれば、
優良顧客だけを、良いお客様だけを相手にして
集客や売上の不安から解放されることができるのでしょうか?

とにかく新規客を集めては、
そのお客様を特にフォローすることもなく、
ひたすら新規客を集め続けている美容室オーナー様は沢山います。

「大切なのは既存客より新規客でしょう」
「サンキューレターとか書いてる暇ないし書きたくない」
「技術が良ければ、仕上がりが良ければまたリピートしてくれるでしょ」

とこう思っている美容室オーナー様は多いかもしれません。

しかし、あなたが
いつも集客や売上の不安をかかえることなく、
優良顧客だけを相手をして集客や売上の
不安から解放されたいのなら、、、

女は愛してくれる人の元に戻る

お客様に次のデートの提案(次回予約)をしなくてはいけません。
会えない時にもメールや電話が必要です(サンキューレターやDM)

たまには3ヶ月記念日のお祝いをしなくてはいけません(◯周年記念イベント)

これからも一緒にいたいと思ったらプロポーズをしましょう
(「あなたは優良顧客です!」と伝える)

結婚しても愛しているや感謝の気持ちを伝え続けなくてはなりません。
(VIP客だけのイベントの開催、お誕生日や記念日には盛大なプレゼント)

せっかく初デートをして、すごく良い子だったから、いずれ結婚できたらいいな
と思ったのに、その後にメールも電話もせず、次のデートにも行かず、その子を放置して、
ましてや、次の女の子をナンパしに街に繰り出したりしないですよね。

これはお客様にも当てはまります。
1回来てくれたお客様にメールではなく手書きのDMでフォローしましょう。
宛名や一言だけ手書きで構いません。それだけ労力がかかっていることにお客様も気付きます。

女性は最終的には大切にしてくれる人、愛してくれる人のところに戻ってきます。
来店した後もDMなどでフォローし続けることを忘れないようにしましょう。

あなたが優良顧客と幸せな結婚生活を送れることを心から願っています。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>