HPだけで集客をしてはいけない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく質問をされます。

「HPだけで集客することはできますか?」

できるか、できないかを正直お伝えすると、HPだけで集客することは可能です。実際、HPの集客で成功しているお店も知っていますし、話も耳にしています。でも、私たち「日本美容室出版」も「美容院KusUNose」もHP集客をメインにしていません。なぜか?それは、集客できないから、、、ではありません。私たちがHP集客をメインにしない理由をお話しましょう。

1.ターゲット層を集客しにくい

私たちは「髪の美」に特化したツールを開発しています。新規集客の方法もリピート対策のDMなども全て、「髪の美」に関心の強い女性をターゲットにして作っています。そして、実績をだしています。ターゲットの年齢は40代以上です。コアなターゲット層は50代〜60代になります。

この年代の女性が非常に髪にお金を投資してくれ、単価も上がりやすく、リピートにもつながりやすい傾向にあります。しかし、想像をしてください。その年代の女性はHPをチェックしていますか?PCやスマホで、美容室に行きたいからという理由で、ヤフーの検索窓に「美容院 ◯◯市」と打ち込むでしょうか?

恐らく、多くはないでしょう。実際、美容院KusUNoseもHPはありますが、新規集客のHPからの流入は少数です。

2.どこから来店されるかわからない

HPは店舗周辺からではなく、広く新規客を集客することができます。これは一見メリットに見えます。ですが、あなたの既存のお客様で4回以上来店されているお客さんの地域を見てみてください。ほとんどが店舗周辺ではありませんか?店舗から1km圏内のお客さんではありませんか?

恐らく、今までも遠くから予約されたことがあったと思います。隣町からの予約。車で30分以上もかかるような場所からの予約。でも、リピートし続けてくれていますか?ほとんどのお客さんは他のお店に行ってしまったのではありませんか?

つまり、HPを作って広い地域から集客しても。結局1回か2回程度来店されて他店に流れてしまいます。

まとめ

他にもいくつかHPで集客しない理由はありますが、この2つだけとっても、十分HPで集客しない理由になるのではないでしょうか?もし、あなたが40代以上の女性をターゲットにしていて、リピート率の高い店舗周辺からの集客をしたいなら、HP集客をメイン戦略にしないことをお勧めします。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>