成功している美容室オーナーの3つの共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

ここ1年の間に、数多くの美容室オーナー様に出会う機会に恵まれました。
実際にお会いして、お話している中で、成功している美容室オーナー様の
3つの共通点が線で繋がれる瞬間がありました。

成功している定義は、
・3年以上経営している
・黒字が2年以上続いている
・お客様(集客)に困っていない ということにしました。

その共通点とは、
・地味なことを何でも継続できる
・よく本を読み、そこから学んでいる
・チャレンジ精神が旺盛  という点でした。
当たり前のことのようで、これが当然にできているオーナー様は意外と少ないように感じます。

地味なことを何でも継続できる

美容室オーナー様は、多くの方が技術者の出身です。皆さん、技術に関することはコツコツできる方が多いのですが、
経営のこととなると、苦手意識を持つ方、苦労する方、派手にやろうとする方が多いようです。

経営で成功されている方は、社長業は華やかに見えても、経営は地味なことの繰り返しだとよく分かっていらっしゃいます。
技術以外の地味なことも、何でもコツコツと継続できるかどうかが、経営者としての明暗を分けるようです。

そんなこともオーナー様がされるんですか?!というようなことも従業員の手本になるように率先してやる方も多いですね。

よく本を読み、そこから学んでいる

結構、話をしていると普段何をベースに経営をしているのか、普段何から情報を得ているのかがよく感じられます。
よく「知り合いのオーナーから聞いたんだけど」「動画で見たんだけど」「ネットで見たんだけど」
「◯◯セミナーに行ってきたんだけど」というセリフを聞きます。これが悪いということではありません。

成功している美容室オーナー様は「◯◯という本を読んだんだけど」「◯◯と書いてあることを実践してみたんだけど」と
経営に関する本を読まれて、そこから学んでいることが多いようです。

たいていはオーナー様も現場にいらっしゃることが多く、もちろん経営もされてますので、時間もあまりありません。
そんな中でも、時間をやりくりして、一生懸命に名著から学ばれている姿勢は素晴らしいですよね。

チャレンジ精神が旺盛

成功している美容室オーナー様の口癖は「まずやってみよう」です。

経営者というのは、大海原で船の舵を切っているようなものだと、よく例えられます。
誰もこの先のことは予想できない航海の中で、先頭に立って進まなくてはなりません。
波が穏やかな日の方が少なく、大シケで大荒れのことの方が多いでしょう。

そんな大雨が降ろうと、波風が荒れて前が見えなかろうと、「前に進め!」と声をかけるのがきっと経営者の宿命なのでしょう。
「ちょっと、それ待って」「う〜ん、考えてから」なんて言っていると船が前進するどころか、沈むことにも繋がりかねません。

時には立ち止まって考えることも必要ですが、成功しているオーナー様は「やってみてダメだったら辞めればいいよ」とよく仰っています。
すると、その挑戦することが繰り返されると、経験値が上がるため、例えダメでもすぐに折り返すことができて、そのうえ回復が早いのです。
傷さえも、経営者としての勲章になるのでしょう。何でもやりたくてやりたくてしょうがない様子です。

以上いかがでしたでしょうか?もちろん、この3要素がなくても成功されている方もいるかもしれません。
もしくは、「俺もやってるよ」と言う方もいらっしゃるかもしれません。

成功したいのなら、成功している方から学ぶのが1番の成功への近道であり、
これが本当に実行できている方は少ないように感じます。

もしあなたが今、経営に苦しんでいるのなら、成功者がやっていることを実践してみてはいかがでしょうか。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>