ありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「サンキューレター」を出しましょう。

私はサロンオーナー様からリピートの相談をされると必ずサンキューレターを勧めます。実際、私たちが経営している美容室でもサンキューレターは必ず出しています。なぜ、そこまでサンキューレターを勧めるのか?それは、サンキューレターを出すことで、スタッフとお客さんの間に信頼関係が構築できるから。。。というのももちろんありますよ。ですが、今日はこの話ではありません。人は購入した時が一番テンションが高い!というお話です。

あなたもこんなことありませんか?

きっとあなたにも見に覚えがあると思います。高校受験や専門学校の受験の時に、勉強用の教材を購入しただけで満足してしまい、本棚に眠ったまま開かれることのない問題集。

明日からランニングを始めようと思って、ランニング用の靴をかったけれど結局1回も履いていないシューズ。。。

きっとあなたは商品を持ってレジに並んでいる時は「買ったらすぐに使うぞ」と、考えてはいるはずです。つまり、テンションが一番高い状態ではありませんか?そしてレジで会計を済ませてからどんどんテンションは下がり続け、翌日には、、、

「なんでこんなもの買ってしまったんだ?」

と疑問、、、いえ、後悔をし始めていませんか?

人は購入してから72時間で後悔し始める

これは、小売店だけの話ではありません。美容室でも同じです。新規でも既存のお客さんでも、髪を切った直後。カラーをした直後。パーマをした直後が一番テンションが高く喜んでいます。

そんなお客さんをみて多くの美容師は、、、

「お客さんに満足をしてもらえた」

と思ってしまいます。挙げ句の果てには、「満足させたからリピートも当然してもらえる」と思い、リピート対策を何もしないお店もあります。(実際に目の当たりにしました。)

ですが、お客さんが会計をすませた後に、美容室を出て、帰宅している途中から徐々にテンションは下がり続けています。家に帰ったことにはテンションは下がり、冷静になり始めています。

72時間もすれば、お客さんは「なんであんな喜んでいたんだろう」と後悔を始めます。人はお金を払ってから72時間以内に後悔をするようにできているそうです。。。

あなたは正しいですよ

だからこそ、72時間以内にフォローをする必要があります。サンキューレターを送り、「あなたの決断は正しかった。」と決断を肯定して、帰り際に喜んでいた時の自分を思いださせてあげましょう。

官製はがきたった1通ですが、この1通があるかないかで、リピート率は大きく変わってきます。実際、私たちの経営するお店では、サンキューレターを必ずだしているおかげで「ここまで気を使ってくれるお店は始めて」と言って、リピートしてくれています。もし、あなたがリピート率にこまっているなら、今日からすぐにハガキを購入してサンキューレターを始めましょう。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>