顧客単価を上げる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたに質問です。あなたのサロンの顧客単価はいくらですか?







1万円を超えていますか?もしかしたら、14,000円を超えているでしょうか?もし、あなたのサロンの顧客単価が5,000円前後で、更に顧客単価のアップをしたいと悩んでいるなら今日の記事はあなたのために書いた記事です。

なぜなら、今日は顧客単価をアップする方法をお話しするからです。しかも、美容師であるスタッフの教育は必要最小限で済みます。。。

秘訣1:新規集客

まず一つ目の方法は「新規集客」です。

あなたはどんな方法で新規集客をしていますか?折込チラシですか?ホットペッパーですか?それとも、地域情報誌でしょうか?あなたがどんな広告媒体で集客をしているかわかりませんが、必ず注意しなくてはいけないことがあります。それは、、、

「掲載メニューを限定すること!」

です。恐らく、広告には割引がついていますよね?その割引対象のメニューを「セットメニュー」だけに使えるようにしてしまえばいいんです。もし、あなたのお店が単価5,000円前後の場合、カット+カラー+トリートメントで来店してもらえれば、「半額」でも7,000円以上になりませんか?

そして、そのお客さんがリピートして毎回セットメニューをされたら、、、顧客単価が9,000円以上になることが簡単に想像できますよね?

秘訣2:店内POP

2つ目は店内POPです。あなたのお店にはカラー剤はいくつ種類がありますか?トリートメント剤もいくつか種類がありますか?それらを組み合わせれば、数種類の価格帯のメニューが作れませんか?

例えば、カラー+トリートメントで6,000円の場合、薬剤を変えれば7,000円でも8,000円でもコースは作れるとおもます。早速メニューを作ってみてください。しかも1つではなく、合計3つになるように作ってください。つまり「松竹梅」のコースを作るんです。コースを作り終わったら、3つのメニューと金額を店内POPで作りましょう。

そして、顧客単価6,000円のお客さんに店内POPを見てもらいましょう。これだけでも、何人かのお客さんは高いコースを選びます。お客さんはもっといい薬剤を探していたのに、そんな薬剤があなたのお店にあることを知らないことが多々有ります。そのため、店内POPにして、告知をするだけで成果を出すことができます。

秘訣3:体験してもらう

最後は一番簡単です。あなたが進めたいサービスを「無料」で体験してもらいましょう。店販商品やサービスを販売したいなら、無料で試してもらい価値を理解してもらいましょう。商品やサービスに価値があれば、お客さんは次からは有料で受けられるでしょう。

例えば、新しいトリートメント剤を取り入れたならカウンセリングの時に「今日は無料でトリートメントが受けられますが、お時間があればいかがですか?」と話すだけです。これならセールスにならないので、スタッフも気軽に話しかけることができますよね?特別教育も必要ありません。

いかがでしょうか?顧客単価をアップする方法はたくさんありますが、今日お話しした3つの方法はスタッフの教育も必要なく、確実に成果が出る方法です。ぜひ、試してみてください。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>