LINEってリピートできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今回のポイント】

美容室集客やリピート対策を勉強されているあなたなら、店舗ビジネスでLINEを使えば、リピート対策ができると聞いたことがありませんか?少しLINEについて、調べてみましたが、このようなメリットがあるようですね。

①LINE@を友だち登録した方、一斉にメッセージ配信可能
②美容室の予約ツール
③メッセージのやりとり

今日はLINEについて書いていきます。

一斉メッセージの活用

あなたも、プライベートのLINEで何かの公式アカウントに登録していませんか?登録していると、告知などが届くとおもます。それができるようになりますね。

よく言われるのは、開封率が高いのでアピールしやすい。イベントの告知などをしやすいと聞きます。ですが、そうでしょうか?LINEのメッセージは確認しなくてはずっとアプリのロゴに未読メッセージの数が出ているので、開封している可能性が非常に高いです。

確かに、あなたの美容室に行き始めた方や、登録して間もない方は見てくれるでしょう。しかし、もう何ヶ月も何年も通っているリピーターは見ていないし、開封するのも面倒になっています。

そして、面倒なメッセージが多くなると、LINEの中からあなたのお店のアカウントを削除したくなります。そうなると、、、あなたのお店が少しずつ嫌になりライバル店に移られてしまうでしょう。。。

美容室の予約ツール

お客さんの中には、電話予約が面倒な方や時間がなくて予約ができない方はたくさんいます。特に働いている方は電話なんてかけている暇がないかもしれません。。。

そこで、電話をかけずに予約をすることができるLINEの予約ツールは便利だと言えます。実際、私たちのお店にも、毎回ネットから予約をしてくれているお客様がいらっしゃいます。その方に話を聞くと、「日中は仕事で忙しいし、電話をかける気力がない。」とネット予約を重宝されています。

もし、あなたがネット予約を持っていないなら、LINEの予約機能を使ってみるのもいいでしょう。

メッセージのやりとり

これが一番私が手を出したくない理由です。私たちもお客さんとの会話を重要視していますし、お話を毎回させてもらっています。ですが、重要なのは「友達ではなく、先生と患者の立場でいること」です。

つまり、LINEでいつでも連絡できるのは、医者と患者の立場から、友達の関係になってしまうのです。友達の関係になってしまうと、髪の相談もされにくくなりますし、物販も販売しにくくなります。つまり、売上が下がってしまう原因にもなります。

まとめ

私自身LINEは大好きです。1日も欠かさず、LINEでやり取りをしていますし、スタンプでLINEにお金も払っています。ですが、ビジネスに対しては、まだ手を出す必要はないと思います。

お客さんとのコンタクト方法はDMで十分ですし、DMじゃないと伝えられない思いがあります。LINEで費用を出すなら、ぜひDMをもっと活用しましょう。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>