ありがとうを伝えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リピート対策は何をしていますか?割引やメールシステム、ラインなども使っているかもしれませんね。
今回お話するのは、今まで何回も出てきたサンキューレターです。しかも美容室用です。

実際、サンキューレターは必ずリピート率が変化します。
ただし、正しいサンキューレターを出せば、、、
今回はサロン用のサンキューレターの書き方をご紹介します。

信頼関係の構築

サンキューレターは「信頼関係の構築」できることが最大のメリットです。サンキューレターは必ず毎回出すようにしましょう。しかも、来店されたその日の内に。日中はお客さんの接客などで忙しいと思いますが、、、サンキューレターは1枚15分程度でかけます。慣れるまでは大変ですが、必ず出しましょう。なぜなら、お客さんの元に、サンキューレターが1週間後に届いても嬉しいとは思ってもらえません。逆に今まで忘れていたのかな?なんで今更?と不信感につながります。

あなたもそうですよね?

あなたも友人などに何かされたときはすぐに「ありがとう」と伝えますよね。お礼はすぐに言うのが当たり前です。たまにサンキューレターを毎日出すのが面倒だからという理由で1週間にまとめて送る美容室もあるようですが、必ず毎日送りましょう。また、サンキューレターは信頼関係の構築以外にも、こんなメリットがあります。

・思い出してもらう

・大事にしている事を伝える

・安心感を与える

ここで重要なのは「セールスを一切しない」ということです。「ありがとう」という言葉と一緒に「これも買わない?」という言葉が一緒に入っていては意味がありません。そんな手紙が届いたら、美容室に行ってもセールスをされるんじゃないかと不安にさせてしまいます。

それよりも「お客様が髪と一緒に生活していく上でよりよい生活をするためめのアドバイス」などお客さまを考えたレターにする事がなによりも重要になります。例えば、、、

アドバイス

今日はこういうカットをしました。なので、ケアの仕方はこうした方がいいですよ。そして、セットの仕方はこうする方が毎朝時短になっていいと思います。など、美容師としてのアドバイスをしてあげてください。恐らくあなたのスタッフなら誰でも出来ると思います。そして得意分野だと思いますので最初は習慣にするのがつらいと思います。しかし、やるのとやらないとでは、他店への流出率が全く異なります。是非、今日のお客様からサンキューレターは出してみてください。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>