必殺!!お勧めの集客方法!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶんストレートなタイトルですが、これには理由があります。
それは、こういう仕事をしていると頻繁に『何かお勧めの集客方法はありますか?』と聞かれるから。
お勧めの方法は、あります。美容室ならほとんどのケースで当てはまる方法が。
ただし、それを話す前に、今回はサロン集客について大切なことを話します。

皆お金がかからない集客方法が知りたい

集客の話になると多くの人が、
『なるべくお金をかけずに沢山集客できる方法』を知りたがります。
でも、集客ってそんなに単純じゃない。
そんな必殺技みたいなことを聞かれても答えられません。
あまり無責任なことは言いたくないので。

まず、前提として、基本的にすべてのお店でうまくいく方法
というのはありません。当たり前ですが。
広告会社(チラシだったりポータルサイトだったり情報誌だったり)は
『良い感じに集客できている顧客ばかりですよ~』というようなことを言ってきます。
そんなわけないのに、そうやって言うのは、
広告会社は『クライアントを獲得すること』が仕事だからです。
顧客が本当に集客できているかどうかなんて二の次なので平気で嘘言います。
だから騙されないようにしましょう。

さて、すべての店でうまくいく集客方法なんてあるわけがない。(特例あり)
なんか当たり前のことを説明する感じですが、
それには明確な理由があります。

この◯◯がマッチしないとうまくいかない

それは、集客と言うのは
●ターゲットにする顧客
●集客に使用するメディア(媒体→チラシ、HP、情報誌など)
●何をどう言って売るのか、メッセージ(要は集客の内容のこと)
がマッチしていないと絶対にうまくいかないからです。

① まずターゲット。
単純に考えてターゲットだけでも、お店によってそれぞれですよね?
若い客層をターゲットにする店だったり、年配層だったり、
男女別、高級を求める、お手頃価格を求める、スピード重視の顧客
などなどターゲットはお店それぞれです。

② メディア
新聞折り込みチラシやHP、情報誌などなど手段は様々。
ですが、例えば新聞折り込みチラシに男性ターゲットの広告を出したとしましょう。
どうなるか想像つきますか?
男性は新聞の広告なんてほぼ見ません。つまり集客失敗です。

③ 最後にメッセージ
白髪染め世代を集客したいのに、ファッションカラーのモデルばかり載せた広告。
白髪染め希望の方の興味は引きにくいですよね。

●まとめて例にすると、
欲しい客層は40代女性(ターゲット)で、男性ファッション誌の裏表紙に掲載(メディア)
内容は彼氏が見つかるかわいいスタイル(メッセージ)
この組み合わせどうでしょう?ダメダメですね。
まず女性が見ない雑誌に掲載している時点でダメですし、
購入した男性客もその広告には興味を持たないでしょう。

このように、ターゲット、メディア、メッセージが合致していないと集客はうまくいきません。
で、まず美容室にはそれぞれターゲットにしている客層があるはずです。
そこから違う以上、すべてのお店に勧められる集客法は無いことになります。
(特例はありますが、後ほど)

あなたにぴったりの集客方法をみつけるには

集客を成功させようとしたら、
まずは、自分のお店のターゲットは誰か?を明確にしましょう。
そしてそのターゲットはどんなメディアを普段見ているのか?
そしてそのターゲットが欲しがるメッセージ(内容、メニュー)は何か?
順番は前後して考えることもできます。
が、まずはこの3つを正確に分析しなければ、
貴方のお店にお勧めの集客方法は見つからないでしょう。

まずは、
●ターゲット ●メディア ●メッセージ
を正確に。

ちなみにこの3つの要素以外にも、
地域性だったり、お店の規模というのも集客を成功させるための
おおきな要素の1つになってきます。

今回はここまで、
次回には、地域に合わせた集客や、
特例と言った『どこのお店でもうまくいく集客方法』を紹介する予定です。お楽しみに!

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>