あなたのお店の独自の売りはなんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいるあなたはきっと熱心に勉強をされていることでしょう。カットなどの技術だけでは生き残ることは難しいと思って、マーケティングの勉強をされていると思います。マーケティングの勉強をしていると「USP」という言葉を聞いたことはありませんか?

USPとは、「ユニークセリングポジション」の略称で意味は「独自の売り」のことです。USPという言葉は知らなくても、「独自の売り」を見つけましょうとは誰かに勧められたことは多いかもしれません。(実際、コンサルタントが非常に好む言葉の1つです、、、)

つまり、USPとは、他の美容室にはない、あなただけの「売り」を見つけることができれば、23万店もある美容室戦国時代とも言えるようなこの状況で繁盛店として成長できる。というものです。ですが、今の美容室業界で「独自の売り」なんて必要ありません。今日は「今のままのあなたでも繁盛店の仲間入りができる」話です。。。

USPって何?

先ほどUSPは「独自の売り」という話をしましたが、少しイメージがしにくいかもしれません。なので1つ例をあげましょう。美容室の例ではなく、他業種の例です。あなたはドミノピザはご存知でしょうか?ドミノピザはアメリカが発祥ですが、最初は経営難で困っていたそうです。そこで、経営者はあるUSPを打ち出しました。それが、、、

「30分以内に配達できなかったら無料にします」

でした。このUSPは非常に上手く行き、ドミノピザの発展に繋がったとされています。ここまで聞くとやはりUSPはすごい!と思ってしまいます。ですが、ここからが問題です。果たして、この約束はドミノピザしかできないでしょうか?もちろん違いますよね?恐らく、他のピザ屋もできますし(やろうという意志があればできます)、やっている店舗もあったでしょう。

USPは真似される

間違えないで欲しいのですが、USPで繁盛店になれない。という話をしているので話をしているのではありません。一生繁盛店をキープできるUSPを探し当てることは時間や労力がかかる上、マーケティングの知識が多分に必要になります。

多くの場合、USPで少しの間集客が容易になり、売上が上がったとしても、簡単に競合店(あなたのライバル店)が真似をしてしまい、結局以前と一緒になってしまうんです。そして、また新しいUSPを探すことに、、、

これはUSPを探している人の「負のスパイラル」です。USPを出すために、新しい技術を取り入れる必要もありません。新しい薬剤を仕入れる必要もありません。珍しいライセンスを取る必要もありません。

今のままのあなたで十分集客もできますし、リピートもしてもらうことができます。その方法の1つがサンキューレターを含めた「DM戦略」になります。(DM戦略の詳しい話はまた別の記事で)
もし、あなたがUSPという言葉に取り憑かれているのなら、、、もし、あなたがUSPを探しているのなら、一回USPは頭の中から削除して、明日送るDMのことを考えるようにシフトしましょう。

 


コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>